東京2020オリンピックでチームの中心として躍動した久保建英と、サッカー日本代表として一時代を築いた中村俊輔による対談を収めた「久保建英×中村俊輔 スペシャル対談 〜新たな夢と先駆者の言葉〜」が、8月14日(土)昼5:00よりWOWOWライブにて放送。新たな夢に向かう挑戦者と日本サッカーを牽引してきた先駆者が、スペインサッカー、W杯、背番号、フリーキックなど、さまざまなテーマで語り合う。

日本が誇る左利きの司令塔といえば中村俊輔。W杯に2度出場し、イタリア、スコットランド、スペインと7年半にわたりヨーロッパで活躍した。UEFAチャンピオンズリーグでマンチェスター・ユナイテッドからフリーキックを決めるなど、多くのサッカーファンを魅了してきたレジェンドだ。

一方、10歳でスペイン・バルセロナの下部組織に入団した久保建英は、13歳でFC東京の下部組織に入団。ユース世代の大会や年代別の日本代表、J1の舞台でも別格のパフォーマンスを見せ、18歳の夏には世界最高峰のクラブ、レアル・マドリードに移籍。日本サッカーの未来を担う若き至宝だ。

日本サッカーを牽引してきた中村と、今この瞬間も日本サッカーの新たな境地を切り開いている久保。スペインリーグ「ラ・リーガ」の新シーズン開幕に合わせて、日本が誇る二人のフットボーラーによる特別対談が実現した。

中村と久保が対面するのは今回で2度目だが、しっかり面と向かって話をするのは今回が初めて。番組では、近年若い年代の選手がヨーロッパ各国のリーグへ積極的に挑戦していることに触れ、中でもスペインでの挑戦について互いの経験や意見を交換。

また、長らく日本代表の10番を背負ってきた中村が、久保と背番号に対する思いについても語り合う。そして話題はフリーキックにも及び、東京五輪でもU-24日本代表のキッカーを任されていた久保が、中村の代名詞であるフリーキックに迫っていく。