8月20日(金)夜11:00よりスタートするWOWOWオリジナルドラマ「グラップラー刃牙はBLではないかと考え始めた乙女の記録ッッ」(WOWOWプライム)。このほど、本作の主演・松本穂香が劇中で演じる「児島あかね」に扮し、BL(=ボーイズラブ)を徹底的に解説していく動画が、WOWOW公式YouTubeチャンネル及びFLaMme/フラーム公式YouTubeチャンネルにて公開された。

■もはや学術書レベル? 速射砲のような松本穂香の解説は必見!
本作は、シリーズ累計発行部数8500万部突破の国民的格闘漫画「グラップラー刃牙」(板垣恵介著/秋田書店)を読んだBL研究家の金田淳子が、「この作品、濃厚BLなのでは?」と発想したことから生まれたエッセイを原案とするオリジナルドラマ。

文房具メーカーに勤務する“腐女子”の児島あかね(松本穂香)が、たまたま「グラップラー刃牙」を目にしたことで登場する格闘家たちの肉体や言動からBLの可能性を見いだし、その日を境に“1日30時間”に及ぶの妄想を繰り広げる姿を描いていく。

今回公開されたWOWOW×FLaMme/フラームのコラボYouTube動画「児島あかねの!ボーイズラブって何だろう?」は、ドラマの原案を手掛けた金田淳子監修の下、松本演じる本作の主人公・あかねが“BL=ボーイズラブ”の歴史や基本枠組みを前・後編にわたって紹介。

日本におけるBL文化の出発点や時代ごとの変遷、さらには現代BLの“三種の神器”など基本的な用語や概念についてもコンパクトにまとめられた2本の動画は、BL初心者には入門編として、BL愛好者にはよりBLへの理解を深めるきっかけとなるような内容に仕上がっている。


■漫画界の生けるレジェンド・板垣恵介先生との対談企画も!
また、8月20日(金)のドラマ初回が無料放送となることを記念したTwitter企画も実施。「#刃牙はBL」を付け本文中に「ッッ」を入れてつぶやくと、抽選でキャスト陣のサイン入りポスターがプレゼントされる。詳細はWOWOWオリジナルドラマのTwitterアカウントで確認しよう。

さらに、ドラマスタート前日となる8月19日(木)夜10:00からは、本作の脚本を手掛けたヨーロッパ企画・上田誠の対談企画「上田誠のテレパシーはいらないよ」に山岸聖太監督がゲストで登場。放送目前に、山岸監督の過去作品をひも解きながら秘密を聞き出していく。

そして、同じく8月19日(木)発売の「週刊少年チャンピオン38号」では、主演の松本と山岸監督、「グラップラー刃牙」シリーズの原作者・板垣恵介による3者インタビューが掲載。板垣が刃牙とBLの関係、ドラマについて何を語るのか、全漫画ファン要チェックだ。