グラビアアイドルの金子智美が、DVD「ふしだらな女」(竹書房)発売記念イベントを8月15日に都内で開催。会見で「(キャッチコピーの)“大人限定!!18禁グラドル”らしく海とか行かず屋内での撮影が多かったので、あまり沖縄を感じられなかったのが残念です」と撮影を振り返った。

3月に沖縄で撮影された16枚目のDVDは「痴女」がテーマ。金子は「各チャプターで完結し、人妻、レースクイーン、警察官だったりいろんな設定でセクシーなことたくさんしています」と内容を紹介。

「お気に入りの衣装は警察官です。初めて警察官の衣装なんですけど、コスプレっぽい婦警さんというよりガチな感じですね。車内なんですけど、着崩していく感じがエッチですね。一番エッチなのは人妻チャプターです。もうほぼ裸ですからね」と語る。

「自分の意見を監督に結構取り入れてもらった」と言い、「次作も大枠は自分が考えていたりして、いつかセルフプロデュースの作品も撮れたらいいなって思ってます」と今後の構想を披露。

また、「私が思う『ふしだらな女』はダメとかイヤとか言いながら結局もっと…ってなる感じかな」と明かした金子だが、「プライベートは真逆で、ふしだらと無縁な生活しているんですよね。こんなご時世なのもあって、マネージャーに外出た方がいいと言われるくらいのステイホームです」と、近況について打ち明けていた。

金子は、8月27日(金)に次作DVD「トライアングル 〜淫らな性活〜」(竹書房)を発売。10月21日(木)にはバストトップを初披露するなど“金子史上最大の露出”で挑んだ写真集(講談社)の発売が決定している。