8月17日放送の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)では、南アルプスの麓、名水の里で知られる山梨・北杜市で1日5組限定のグランピング施設「FLORA Campsite」を運営する安納恵さんに密着する。

■細部にまで気を配ったグランピング施設

“グランピング”は、グラマラスとキャンピングを掛け合わせた造語で、テント設営などの煩わしさがなく、手ぶらで快適に自然体験ができることから近年人気が高い。安納さんは5年前、「田舎暮らしがしたい」という父親の考えに賛同し、両親・妹と共に、子供を連れて東京から同地へ移住した。

各サイトには、カーペット、ベッド、冷蔵庫、サーキュレーター、調理器具に調味料とあらゆるものを用意。また「何度来ても楽しいように」と季節によってインテリアを変えるなど細部にまで気を配っている。家族経営だからこそできるアットホームなおもてなしが、彼女のグランピング施設の魅力の1つだ。

東京生まれで、幼い頃から旅行と言えばキャンプという家庭で育った彼女。ブライダル業界に就職した後、25歳で結婚。しかし、式を挙げたわずか3カ月後には、夫と離れ、子供と山梨へ移住することに。現在は、夫も当時の仕事を辞め、家族と合流しているが、何より家族を大切にしている彼女は、自身の生き方、家族の在り方にさまざまな葛藤があったと語る。

おしゃれで快適なグランピングの楽しみ方はもちろん、あえての不便さを提案し、キャンプや自然の魅力を体感して欲しいと話す彼女。ブライダル業界での経験を生かした彼女ならではのおもてなし、また、都会では味わえない山でのリフレッシュ方法や夫婦円満の秘訣(ひけつ)など、彼女の何気ない日常に密着する。

そして、家族一丸となって始めたグランピング施設で、訪れた人を「楽しいキャンプの世界へ」と導く、安納恵の7つのルールに迫る。

■YOU&本谷有希子がリアルな「夫婦論」を語る

スタジオでは、「今すぐいきたい!」と、青木崇高がグランピングに興味津々。 さらに、一時は夫と離れグランピング運営にまい進した安納さんの過去に話題が及び、“夫婦のカタチ”について議論となる。さらに、YOU&本谷有希子のリアルな「夫婦論」に長濱ねるが思わず驚きの声を漏らす。