10月期のフジテレビ“木曜劇場”では、江口のりこ演じるベンチャー企業の破天荒な社長が主人公のオリジナルドラマ「SUPER RICH」(毎週木曜夜10:00-10:54)が放送されることが分かった。幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマンのジェットコースターのような波瀾(はらん)万丈な半生を描く。

■破天荒な社長を貧乏学生がサポート&翻弄!

主演を務める江口は、キャリア20年以上の実力派でありながら、本作がゴールデン・プライム帯ドラマ初主演。フジテレビの連続ドラマも初主演となる。本作では、仕事にプライベートに、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるベンチャー企業の社長・氷河衛(ひょうが・まもる)を演じる。また、彼女のせりふは全編を通して関西弁で話される予定となっている。兵庫出身の江口が発する、毒舌混じりの小気味よい“ネーティブ関西弁”にも注目だ。

共演には「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(2020年、テレビ東京ほか)でブレークし、現在「彼女はキレイだった」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)に出演中の若手俳優・赤楚衛二が決定。「スリースターブックス」のインターン試験を受ける貧乏学生・春野優(はるの・ゆう)を演じる。優は、衛とは生まれも育ちも正反対の貧乏学生だが、日々困難に直面する衛を懸命に支え、時に翻弄(ほんろう)する年下の無邪気な“子犬系男子”。優によって大きく変化する会社の未来や衛の人生とともに、彼が“脱子犬化“していく姿も必見。なお、江口と赤楚は初共演となる。

■江口のりこコメント

出演が決まったときは、まずは体力や体調に気をつけなきゃなと思いました。そして台本を読んでみて、1話からスピーディーな展開で、“その先を早く読みたい!”とワクワクしました。まったくのオリジナル作品なので、どうやって面白くしていくのかをチームのみんなで探せて行けたらなと思います。共演の赤楚さんは柔らかい雰囲気の方なので、リラックスしてお話ができそうだなぁとホッとしました。きっと面白いドラマになると思います。ぜひご覧になってください。よろしくお願いします。

■赤楚衛二コメント

今までに取り組んだことのない題材と役柄で、新しい挑戦ができることが楽しみですし、木曜劇場にレギュラー出演させていただけて、とても光栄に思います。台本を読んでみて、困難に直面し、目まぐるしい環境の変化の中でも、氷河衛をはじめとした登場人物たちが日々を一生懸命生きる姿に力強さを感じました。江口さんはドラマや映画で拝見し存じ上げていたのですが、このたび撮影で初めてお会いし、凛とした佇(たたず)まいで、かっこいい方だと思いました。

今回僕が演じる春野優からは、世の中に対して不公平さを感じるものの、“自分の人生は自分のものだから光をつかみたい”という気概を感じます。若さ故の不器用さもありますが、役と向き合いながら、そういった人間味も表現できるよう心がけていきます。そして月日がたつにつれ、優の人間力や価値観が変化していく過程も丁寧に描いていけたらと思います。

このドラマが、見てくださった皆様の明日の活力になるような作品になれたらうれしいです。今作のテーマである“本当の幸せ”とは何なのか、衛の波乱な半生と共に、一緒に楽しんでいただけたらと思います。

■金城綾香プロデューサー(フジテレビ第一制作部)コメント

お金と愛と幸せと、全部あれば良いのですが、そうはいかないのが人生だと思います。江口さんに演じていただく衛は、凛としたクールな佇まいがある女性で、赤楚さんに演じていただく優は柔らかい温かさのある男性です。男と女、年齢差、バックボーンの違いなど、正反対の場所にいる二人がどう交わっていくのか、また、これからたくさんの登場人物と二人が交差して物語が進んで行きます。2021年秋、ご覧になった方の心を少しだけでも“リッチ”にできるよう、一同力を尽くして頑張ります。

■「SUPER RICH」イントロダクション

氷河衛(江口のりこ)は、電子書籍を手がけるベンチャー企業「スリースターブックス」の代表取締役CEO。裕福な家に生まれ、これまでの人生においてお金に困ったことは一度もない。「お金があれば何事も解決できる」と考えており、より多くの利益を出すため、せわしなく働く日々を送っている。

その年を代表する女性起業家に贈られる「プラチナ・ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど社会的に評価されている衛だが、幼少期に両親を亡くした寂しさや悲しみから心を閉ざし、お金はあるが愛に飢えた人生を過ごしてきた。友人もおらず孤独な衛が唯一心を許した相手が、大学時代に出会った一ノ瀬亮(いちのせ・りょう)であり、彼と二人三脚で立ち上げ成長させてきた「スリースターブックス」は、衛にとってまさに人生そのもの。しかし、会社をより大きくするため奔走する衛の前に、会社の経営を揺るがすような危機が次々と訪れることとなる。

周囲に弱みを見せることなく、孤高の女社長として社会で闘い続けてきた衛が衝撃的な出会いを果たすのが、「スリースターブックス」のインターンに応募してきた一回り年下の専門学生・春野優(赤楚衛二)。

両親と妹の4人家族で愛情にあふれた家庭で育ったが、長年、実家の経営状況は厳しく、手に職をつけるために東京の専門学校へ入学するが、アルバイト代をやりくりしてなんとか生活している状態。「スリースターブックス」が学歴不問のインターンを募集することを知り、人生を変えるために意を決して応募する。確固たる意志と行動力を持ち合わせており、時に大胆な行動をとって衛を驚かせることも。どうして衛にこんなにもついて行くのか、その理由は物語が進むにつれて明らかになっていく。

優のかわいらしい笑顔や人なつっこさが、仕事に忙殺され、氷のようにいてついた衛の心に、春のような暖かさを与えていくことになる。