映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」(公開中)から、寺田心演じる主人公・渡辺ケイと赤楚衛二演じる天邪鬼の出会いのシーン写真、本編映像が公開された。

1968年からの三部作、2005年には平成版が興行収入20億円の大ヒットを記録した映画「妖怪大戦争」がスケールアップし、「妖怪大戦争 ガーディアンズ」としてスクリーンに復活。有名妖怪をはじめ、映画オリジナルの妖怪、さらに今回は世界中のモンスターも加わり、妖怪ワールドが拡大していく。

突如出現した巨大な「妖怪獣」によって世界に未曽有の危機が到来する中、日本の妖怪たちはこれに立ち向かうべく、封印された「大魔神」を復活させようと画策。そのために白羽の矢が立てられたのは、伝説の妖怪ハンター・渡辺綱(北村一輝)の末裔であるケイだ。

だが、手違いから弟のダイ(猪股怜生)が妖怪たちに連れ去られてしまい、気弱な少年・ケイは、ダイを助けるために勇気を振り絞って冒険へと旅立つことに。今回公開されたのは、そんな旅の途中でケイが天邪鬼と初めて出会うシーン。

過酷な道中、洞窟で気を失ってしまったケイは、「起〜き〜ろ〜、風邪引くぞ〜」とささやく何者かの声で目を覚ます。ぼんやりした視界に飛び込んできたのは、灯りを持ってダッシュで迫りくる天邪鬼。

「風邪引いたら学校行けないぞ、って…ラッキーじゃん!」と不敵な笑みを浮かべる天邪鬼に驚く余り、岩に頭をぶつけてしまうケイ。「頭打っちゃあバカになっちゃうぞ、バカになったら食べちゃうぞ!」とケイに襲い掛かる天邪鬼だったが、勢い余って自分もケイ同様に頭を打ち付けてしまう。

「痛ぇ! じゃなくて、痛くない、痛くない!」と必死に強がる天邪鬼。思わず心配するケイに「全然痛くねえし」と返事したり、初対面にもかかわらず会話の途中でいきなり「よお、久しぶり!」と声を掛けるなど、「天邪鬼」の名の通り思ったことと反対のことを話すひねくれ者にして、どこか間の抜けた憎めなさが伝わる初登場シーンとなっている。

また、通常人間には妖怪の姿は見えないが、妖怪たちによって妖怪世界に誘われたケイは、片目で見ることで彼らの姿を視認することが可能。しかし、天邪鬼との会話の中で「己の意思で妖怪世界に飛び込んで来た者は、片目をつぶらなくても見える」という新事実を知ることに。

コミカルなやりとりの中にも、臆病なケイが“選ばれし勇者”としての一歩を踏み出したことが感じられる重要な場面だ。

すでに映画を見た観客からは、放送中のドラマ「彼女はキレイだった」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)などで視聴者をキュンキュンさせている甘いマスクを完全に封印した特殊メークや独特の発声など、イメージを覆す天邪鬼を熱演する赤楚に対し絶賛の声が続出。

「ここまで本人を消せるんだ!?という驚き」「目の表情から寂しさやうれしさなどの感情が伝わってきて、天邪鬼の心情がものすごく伝わる」「かわいらしさも滲み出ていて憎めないキャラクター!!」「とってもとっても愛おしいので、何度も会いにいきたい」など、天邪鬼に魅了されるファンが多数見受けられる。

三池崇史監督も、赤楚について「目当てで来た方には申し訳ないぐらい、びっくりする。妖怪になり切っているので、皆さんもすごい役者だなと感じると思う」と称賛するほどの熱演を見せている。