2019年9月に乃木坂46を卒業した桜井玲香が主演を務め、岡崎紗絵、三戸なつめらが出演する映画「シノノメ色の週末」が、11月5日(金)に公開されることが決定。桜井ら3人の制服姿の場面カットが解禁された。

同作は、長編デビュー作「月極オトコトモダチ」が国内外で高い評価を受けた新鋭・穐山茉由監督の長編商業映画初作品。会社員と映画監督という穐山監督自身のダブルワークの経験を基に、社会で働く女性たちの心理を独自の目線から鋭く柔らかく、オリジナル脚本で描く。

今回公開となった場面写真は、10年ぶりに母校で再会した美玲(桜井)とまりりん(岡崎)、アンディ(三戸)の3人が、女子高校生時代の制服を着て満面の笑みを浮かべる様子や、アンディが女子高生時代からの趣味のカメラを手にする姿など。

同作には、女子校ならではの“あるある”がちりばめられ、鑑賞後には男女や世代、地域を超えて、学生時代や卒業後久しぶりに再会したときの“あるある話”にも花が咲くような作品となっている。

■「シノノメ色の週末」あらすじ

女子高を卒業して10年、美玲(桜井玲香)はモデルを続けているが、いつの間にか雑誌のグラビアを飾ることはなくなった。

そんな中、放送クラブで一緒だったアンディ(三戸なつめ)から、部長だったまりりん(岡崎紗絵)と3人で、取り壊しになる母校にタイムカプセルを探しに行こうと誘われる。超マジメでダサかったまりりんが広告代理店に就職し、デキる女っぽくなっているのを見て焦り、相変わらずカメラ好きサブカル系のアンディにホッとする美玲。

裏門から忍び込んだ3人は、廊下を走り、笑い転げ、やりたい放題。結局、タイムカプセルは見つからず、また週末に集まることになる。何にでもなれると思っていたあの頃の自分に戻ったつもりの3人だったが、事態は異なる方向へと転がっていく。