北海道出身のLDH所属アーティストEXILE SHOKICHI、青柳翔、SWAY、八木将康、DEEP KEISEIの5人が、北海道を盛り上げるために各地を旅して、故郷の“新たな魅力”を知り、北海道を元気にしようと奮闘するドキュメントバラエティ番組「EXILE TRIBE 男旅」(毎週日曜昼1:30-2:00、北海道文化放送(UHB))。8月22日(日)から、北海道で31年ぶりに誕生した国定公園「厚岸霧多布昆布森国定公園」を巡る旅を2回シリーズで放送。出演は、EXILE SHOKICHIとDEEP KEISEI。

北海道・道東に位置する厚岸町、浜中町、釧路町、標茶町の4つの地域からなる「厚岸霧多布昆布森国定公園」には、人の手がほとんど入っていない原生的な自然が残る湿原や海産物が豊富な厚岸湖、大規模な海食崖が連続する海岸など、豊かな自然が広がっており、その自然が織りなす美しい景観が特徴。第1弾となる今回は、全国有数の豊かな自然が生み出す「厚岸霧多布昆布森国定公園」の食の魅力に迫る。

EXILE SHOKICHIとDEEP KEISEIが訪れたのは、国定公園内の別寒辺牛湿原の川の水と海水が混じりあう湖・厚岸湖。厚岸湖は、別寒辺牛湿原と厚岸湾につながっており、森からの栄養と海のプランクトンがダイレクトに注ぎ込むため、北海道有数の漁場となっている。ここでEXILE SHOKICHIとDEEP KEISEIが発見したのは、森と海の栄養が豊富な厚岸湖で取れる、通常の倍以上はある全長6センチの巨大アサリ。見たことがないアサリの大きさに仰天した2人は、汁よりアサリが多い「巨大アサリのみそ汁」やアサリの旨味とバターがよく合う「巨大アサリの白ワイン蒸し」など、巨大アサリを使った料理を地元住民の方に振舞ってもらう。国定公園の自然が生んだ濃厚でプリプリとした巨大アサリの味わいに、2人は「国の宝物だ」と感動。

国定公園の食の魅力を実感した2人が次に向かったのは、旅行情報誌の北海道道の駅人気ランキングで11年連続1位に選ばれた厚岸町の道の駅「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ」。ここでは、巨大あさりと同じく国定公園の自然が生んだ厚岸の名産カキに、今年アメリカ最大級のウイスキーの品評会で世界の賞を受賞した厚岸蒸溜所のウイスキーをかけて食べる、厚岸の新名物を紹介する。