モデルで女優の大友花恋が8月19日に自身のInstagramを更新。「Seventeen夏の学園祭2021」をもって『Seventeen』(集英社)専属モデルを卒業した大友が、純白ドレス姿の写真とともに感謝のコメントをつづった。

この日、大友は「Seventeen夏の学園祭2021、ありがとうございました。そして。8年間、ありがとうございました」とつづり、純白ドレス姿と赤とピンクのかわいらしいドレス姿の写真を投稿。

続けて「中学2年生からずっとSeventeenと共に生きてきて、私はSeventeenと共に大人になりました。大切な居場所から飛び出して、これからの私は戦えるのか。寂しさや不安と共に、ヒリヒリするような期待もあります。皆さん、引き続き、見守ってください。本当にありがとうございました!」と、感謝の気持ちと今後の活動についての意気込みをコメントした。

また、最後に「そして、アメブロ『かれんな花』は、本日の投稿を最後にします。たっぷり、じっくり想いを綴ろうと思います。ぜひ、最後に、読みにきてください」とブログについて触れ、コメントを締めくくった。

投稿された写真には、長い髪の毛をしばり純白色のドレスを着た大友の姿が。振り返りながらの笑顔や、優しいほほ笑みをなどを見せている。

この投稿を見たファンからは「かれんちゃん卒業おめでとう!学園祭ほんとに素敵でした…」「高校生の時からずっとずっとすきです!これからも応援してます!」「8年間お疲れ様でした!」「花恋ちゃんは最高のSeventeenモデルです」「かれんちゃんがseventeenモデルにいてくれて良かったです」「これからの更なる活躍も楽しみにしています」など、卒業を祝うコメントが多く寄せられている。