吉沢亮が主演を務める大河ドラマ「青天を衝け」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第25回「篤太夫、帰国する」が8月22日(日)に放送される。

同作は、新一万円札の顔としても注目され、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が幕末から明治へ、近代日本のあるべき姿を追い続け、時代の渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。

「青天を衝け」は、栄一(吉沢)が生まれ育った武蔵国・血洗島村と草なぎ剛演じる徳川慶喜が生きる江戸で物語が進行していたが、第22回からは「パリ編」へと突入。篤太夫と新たな名を授かった栄一は、慶喜の家臣となり、パリ万博へと参加。そして第25回で日本へと帰国する。

栄一の幼なじみで生涯をともにする喜作改め、成一郎を高良健吾が演じ、栄一とともにパリ万博へ向かう杉浦愛蔵を志尊淳が演じる他、栄一を今後支えていく人物として板垣李光人、武田真治、犬飼貴丈が出演。また、薩摩藩の西郷隆盛を博多華丸、五代才助(友厚)をディーン・フジオカが、長州藩の伊藤俊輔(博文)を山崎育三郎が演じる。

血洗島での登場人物として、栄一の妻・千代を橋本愛が演じる他、小林薫、田辺誠一、満島真之介、岡田健史らが出演。また、物語のストーリーテラーとして北大路欣也演じる徳川家康も登場する。

注目の第25回「篤太夫、帰国する」では――

帰国した篤太夫(吉沢)は、横浜で杉浦(志尊)や福地(犬飼)らと再会、幕府が薩長に敗れた経緯や、慶喜(草なぎ)や幕臣の動向を聞かされる。

さらに、恵十郎(波岡一喜)と虎之助(萩原護)から、成一郎(高良)、惇忠(田辺)、平九郎(岡田)のその後を知らされる。成一郎らは彰義隊を結成するもすぐに分裂、振武軍(しんぶぐん)として新政府軍と戦うが敗戦。激闘の中、平九郎の行方は分からなくなり、成一郎は箱館へ向かったという。

頭の中が整理できない中、篤太夫は故郷・血洗島へ戻る。

――という物語が描かれる。

公式ホームページにて公開された動画では、血洗島の千代や市郎右衛門(小林)が篤太夫の帰国を知り、喜ぶ姿が。そんな中、篤太夫は杉浦らから日本の状況を聞く。

一方、薩長との戦に敗れ、戦場から帰ってきた慶喜は髭を生やしたぼろぼろな姿で、憔悴しきっていた。慶喜が天璋院(上白石萌音)から「お逃げになられたとは何事じゃ」と問われる場面も。

そして、新政府軍と必死に戦う成一郎や、銃を担ぐ土方も。戦の中平九郎が行方不明となり、篤太夫が涙を流し「平九郎はどうした!」と取り乱す。江戸幕府崩壊後、残された者たちの悲しき戦が続く。