夜間救急専門のチームを結成するために集められた医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く青春群像医療ドラマ「ナイト・ドクター」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。救命に対して誰よりも熱い思いを持つ美月(波瑠)を中心に、徐々にチームワークが良くなってきた5人。

しかし、8月23日(月)放送の第8話では、成瀬(田中圭)が脳外科に移ろうか迷っていることに美月が気付く。崩壊寸前の救急医療を立て直すべく導入されたナイト・ドクター制度。美月は今後も「この4人と一緒に働きたい」と話すが、その願いはかなうのか。ナイト・ドクター存続の鍵を握る彼らには、それぞれ美月と気になるつながりがあった。そこで美月を中心にその関係性を整理しよう。

■【美月×成瀬】以前同じ病院で働いていた二人の関係は?

成瀬は美月にとってかつて同じ救命にいた先輩医師。ナイト・ドクター結成により二人は再会するが、何かと互いのことを気に掛ける美月と成瀬。二人はただの同僚だったのだろうか気になるところ。

■【美月×深澤】だんだん美月に心引かれる深澤

第一印象は最悪だったが、一緒に働くうちに美月のことが気になり始めた深澤(岸優太)。何かと美月のことを目で追っているため妹にもその気持ちはバレている。だが、当の本人である美月は全く関心がない様子。

■【美月×桜庭】桜庭の心臓のドナーは美月の母?

桜庭は過去に心臓移植を受けていたことが明らかになる。成瀬が美月の部屋で発見した、ドナーの家族宛ての手紙の字が桜庭の字に似ていることから、桜庭のドナーは亡くなった美月の母なのではないかと推測。

■【美月×幸保】ライバルから良き理解者に!

仕事一筋の美月とプライベートも充実させたい幸保は何かと衝突しがち。価値観が異なる二人だったが、一緒に働くうちに互いを理解し、今では幸保が「一番素を出せる相手かも」と語るほどの仲に。

■寄せ集めのワケありチームの行方は?

医師の働き方改革のため“昼夜完全交代制”を試験的に導入したあさひ海浜病院。夜の病院を守るという重要な使命を果たすため、美月らワケありの5人が集められた。

だが、昼に働く医師との対立や、それぞれが目指す今後の目標の違いから、このまま5人が同じチームで働き続けることは難しい場合も。

■8月23日(月)放送・第8話のあらすじ

美月(波瑠)は成瀬(田中圭)が脳外科に移ろうか迷っていることに気付いて声を掛ける。その後、激しい頭痛を訴える男性が運び込まれ、くも膜下出血と診断した成瀬が美月、幸保(岡崎紗絵)と共にオペに入る。