中川大志が主演を務めるドラマ「ボクの殺意が恋をした」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第7話が、8月22日(日)に放送となる。

同作は最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(中川)が、秘密をかかえる暗殺ターゲットのヒロインで人気漫画家・鳴宮美月(新木優子)を殺すどころか恋してしまうことになるという、殺意と恋が入り混じるスリリングラブコメディー。

柊の育ての親で清掃会社を経営しているが、実は“殺し屋”を裏家業としている男虎丈一郎を藤木直人が演じる。また、ある組織から依頼を受けて美月の殺害に携わることになる殺し屋界のエース“デス・プリンス”こと八乙女流星を鈴木伸之が、美月のチーフアシスタントの水瀬千景を田中みな実が、美月の担当編集者の風岡樹生を中尾明慶が、殺し屋組織の責任者である綿谷詩織を水野美紀がそれぞれ演じる。

■第7話あらすじ

柊(中川大志)に撃たれそうになった葵(新木優子)は、流星(鈴木伸之)に助けられた。彼女は、流星を千景(田中みな実)のもとへ連れて行く。一方の柊は、詩織(水野美紀)から、本物の鳴宮美月の正体を聞かされる。

葵は、兄の武尊(小池徹平)をSOSに殺害され、復讐のために丈一郎(藤木直人)を狙っていたというのだ。葵は、彼女自身の意志でこの計画に加わり、丈一郎を殺していた。詩織の話を聞いて、ますます混乱する柊。

詩織は柊には葵を殺せないと見限り、新しい殺し屋を派遣すると告げる。柊は、今度こそ葵を殺さなければならないと思い詰める。

葵は、京子(榊原郁恵)の手術が明日に迫り、不安な思いを抱えていた。流星は千景に頼まれて、葵に寄り添う。千景は美月の仕事部屋で、復讐計画のカギとなる物を探していた。

すると、風岡(中尾明慶)が部屋に入ってくる。彼は、千景が美月の秘密を知っていると感づいていた。そして、何を隠しているのかと千景に迫る。

一方、莉奈(松本穂香)は、丈一郎が莉奈を柊の許嫁にした理由を柊に語る。そんな中、柊と莉奈の前に、流星が現れる。流星は、自分が葵を守ると宣言。葵を殺す意志は変わらないのかと問われた柊は、葵を許せないと言い切る。

その会話を、流星が仕込んだマイクを通じて聞いていた葵。葵は、柊の自分に対しての残酷なまでの殺意を聞く。

――という物語が描かれる。