千鳥の大悟とノブがMCを務めるレギュラー番組「チャンスの時間」(毎週水曜夜11:00-0:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の8月18日の放送回では、元AKB48で女優、タレントの大和田南那をゲストに迎え、本番組の企画「ノブの好感度を下げておこう!」にて、デンジャラスのノッチが披露した「このバカタレが!」というフレーズの“三段オチ”ギャグに可能性を見出し、“次に来るのはノッチではないか!?”と考えた番組が、ノッチの勢いに続く芸人を決める新企画「ノッチ杯」を開催した。

次長課長の河本準一、5GAP、狩野英孝と、大悟を加えた4組が、誰がいちばんうまく、かつおもしろくノッチのネタをできるかで勝負し、ノッチとゲストの大和田が審査員を務めた。

■「このバカタレが!」

「ノッチ杯」1回戦では、挑戦者が1組ずつ登場し、「このバカタレが!」のネタを披露し、審査員のふたりが、持ち点各10点満点で審査した。トップバッターの5GAPの挑戦では、千鳥が「すばらしいですね!」「元々、5GAPがやってたんじゃないですか?」とほめる一方、「このバカタレが!」ネタを、すっかりモノにしてしまった5GAPに、「進化してますね」と驚く“本家”ノッチだが、採点では7点と、微妙な評価になった。ノッチの採点に、千鳥は「もっと高いんかなと思った」「厳しい」などと困惑していた。

さらに、その後、2番手の狩野、3番手の河本にも、それぞれ7点をつけたノッチに、大悟は「ずっと7点やのう」と指摘すると、河本も「全員、殺してるんですよ、その点数で」となげき、スタジオの笑いを誘っていた。

しかし、そんななかで、最後に大悟が披露したネタでは、10点満点を出したノッチの、まさかの裏切り展開に、河本は「7点出せ〜」と肩を落とした。

続いて、ランダムに出されるテーマにあわせて、「このバカタレが!」ネタを早押しで披露する2回戦でも、それぞれ奮闘し、進行を務めるノブも「なんでおもしろいんやろ」と爆笑するネタが続出し、結果、第1回「ノッチ杯」の優勝は、5GAPに決定した。みごと優勝を手にした5GAPは、「やったー!」と喜びながらも、「僕ら、何も優勝したことないんですけど、初優勝これですか?」と複雑な本音を吐くも、そんな5GAPに、ほかのメンバーは「初代やで!」と祝福を送った。

■「守護霊が出てきて、ええ話やないかい!」

番組後半では、“怪談”が苦手な人でも楽しめるよう、怪談話の途中でガヤを入れ、誰がいちばん怖さをなくすことができるかを競う新企画「怪談ブレイクチャレンジ」を行った。

“怪談師”として、ありがとうぁみ、ナナフシギの大赤見ノヴを迎え、ダイアンの津田篤宏、錦鯉の渡辺隆、ロッチのコカドケンタロウとノブの4人が挑戦した。

まずは、津田の挑戦となり、ありがとうぁみが語る怪談話に、「ほんまかい、それ!」「オバケやろ!」「なんでやねん!」「守護霊が出てきて、ええ話やないかい!」などと、ガヤをとばす津田の“怪談ブレイク”に、終始、一同は、声を殺して、笑いっぱなしだった。

津田の挑戦を見たノブは、「ナイスブレイク!」「津田が向いてるのは、“怪談ブレイク”やったんやな」と、大悟は「大成功した津田、ひさしぶりに見たわ」と驚いていた。

その後、渡辺、コカド、ノブと挑戦が続き、さまざまな角度から、それぞれ“節”をきかせたガヤを炸裂させる。

そして、4人全員が挑戦を終えたところで、怖い話が苦手だという大和田の判定により、“もっとも怖さをなくした人”は津田に決定した。「津田に負けたー!」とくやしがったノブだったが、声のトーンや“ヤジっぽさ”が、怖さを吹き飛ばしていたと納得した。

「バーニングツッコミNo.1決定戦!」に出演し、「大失敗した」と語っていた津田は、「前回、失ったものを取り戻せたような気がします」とドヤ顔を浮かべ、「乗り込んでいったろうかな、いろんな(怪談の)会場に。『怪談ブレイカーが来たぞ!』言うて」などとコメントする、早くも調子に乗る津田に、スタジオは爆笑のなか、第1回「怪談ブレイクチャレンジ」は幕を閉じた。