夏の名物チャリティー特番「24時間テレビ44 想い〜世界はきっと変わる。」(8月21日夜6:30-22日夜8:54、日本テレビ系)で、21日夜7:20頃に「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」がスタート。市川海老蔵がスターターとして登場し、第一走者の岸優太が走り始めた。

2021年の「24時間テレビ」はメインパーソナリティーをKing & Princeが務め、会場は東京・両国国技館を使用し無観客で開催。募金リレーは、岸をはじめとする合計10人(予定)のランナーが、リレー形式で約100kmの距離を走る。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年に引き続き一般公道を走るチャリティーマラソンではなく、閉鎖された敷地内での実施となる。

2020年の「24時間テレビ」で、岸と共にスペシャル歌舞伎パフォーマンスを披露した市川海老蔵がスターターとしてサプライズ登場すると、岸も驚きの表情を浮かべた。King & Princeのメンバーは、両国国技館から岸の走る様子を見守りながら、「シンデレラガール」を歌唱。平野紫耀が「シンデレラボーイ」と替え歌しエールを送った。

なお、募金リレーの走者には、岸のほか五郎丸歩、荒川静香、丸山桂里奈が決定している。

■岸優太コメント

募金リレーの第一走者を私、岸優太が担当させていただきます。メインパーソナリティーの一人として、被災地の未来のための募金活動に少しでもお役に立てればと思います。

今年もコロナ禍での放送となり、きっとさまざまなご意見があると思います。僕たちは、今できることを精一杯、想いを込めてテレビの前の皆さんに届けるつもりです。