8月21日、「リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」完成披露試写会舞台あいさつが、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。原作・製作総指揮を務めた許斐剛、主人公・越前リョーマ役の皆川純子、神志那弘志監督が登壇。またこのたび、公式応援団に就任した四千頭身もサプライズで登場し、熱い“テニプリ愛”を披露した。

「テニスの王子様」(集英社 ジャンプ コミックス刊)は、1999年より「週刊少年ジャンプ」にて連載がスタート。現在「ジャンプ SQ.」にて連載中の続編「新テニスの王子様」を合わせ、累計発行部数6000万部を突破している。

本作は、さまざまなメディアミックスでファンに愛され続け、10月でテレビアニメ放送開始から20周年を迎える「テニスの王子様」の初の劇場3DCGアニメーション作品。

■四千頭身がサプラーイズ!

許斐のサプライズタイムが終わるや否や、再び会場には音楽が。すると、「テニスの王子様」で越前リョーマらが着ている青学ジャージに身を包んだ四千頭身が、元気に登場。

実は「テニスの王子様」の大ファンだという都築拓紀は、「(テニスの王子様が)好きだという気持ちが伝わった暁には、この作品の応援団としてPRさせてください」と、許斐、皆川、神志那監督にお願い。

皆川は「うれしいです!」と、神志那監督は「いくらでも応援していただきたい」と即了承。しかし、許斐は「もっとアピールを」と、四千頭身の“テニプリ愛”を確認したい様子を見せた。

■四千頭身の“テニプリ愛”に皆川純子も笑顔

都築は「テニスの王子様」の中の好きなエピソードとして、乾貞治と柳蓮二の関東大会での試合を上げ、許斐らを前に熱弁。皆川も「すごい!」と都築を絶賛し、会場からも拍手が起きた。その後も、「マイナーなところを突けば…」と、テニプリファンならではのエピソードを披露し、皆川を笑わせた。

また、石橋遼大が越前リョーマと桃城武がダブルスに挑戦したエピソードを上げると、都築もトークに参加しながら同調。皆川も「そうそう!」と当時を懐かしんでいた。

都築と石橋が熱く語る中、後藤拓実はおなじみのトーンで知る限りの知識を披露。さらに、「緊張しています」と明かすとともに、「後藤初めてのバーターなので」とつぶやき、会場を笑いに包んだ。

続けて、四千頭身は今回の映画の見どころも紹介。都築はこれまでに登場した「テニスの王子様」の驚きの表現や展開を紹介しながらも、「まだこの手があったか…まだこの手のプレイスタイルがテニスに残されていたかという驚きがありましたね」と、劇場版をアピール。

石橋はタイムスリップした際のあるシーンを具体的に上げ、越前リョーマの対応力を絶賛。最後に順番が回ってきた後藤も劇場版は鑑賞していることもあり、身振り手振り劇場版の見どころを披露した。

ここまで“テニプリ愛”を見せてきた四千頭身だったが、実は許斐から彼らの所属事務所にすでに“公式応援団”としてオファーしていることが判明。念願の“公式応援団”になった都築は喜びをあらわにした。

イベントの最後には許斐から神志那監督、皆川へ感謝のメッセージが。許斐が「リョーマをやってくれて20年…。本当にかっこいいリョーマを、そして彼女が歌がうまかったから成立したなって思っています。これからもリョーマ、よろしくね」と伝えると、皆川は「ういっす!」とリョーマの声で答えた。

■「リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」STORY

全国大会決勝の死闘を制した3日後、越前リョーマ(CV:皆川純子)は更なる高みを目指して武者修行のために単身渡米する。

しかし、ロサンゼルスに到着早々、家族旅行で来ていた同級生の竜崎桜乃(CV:高橋美佳子)が、ギャングに絡まれている場面に遭遇する。彼女を助けようと放ったボールがきっかけで、なんとリョーマと桜乃はタイムスリップしてしまう。

たどり着いたのは、リョーマの父・越前南次郎(CV:松山鷹志)が引退に追い込まれた全米オープン決勝の数日前。父の引退の理由を知るため、若き南次郎と行動を共にするリョーマたち。

“サムライ南次郎”と呼ばれ、最強を誇った現役時代のプレーを目の当たりにし、胸躍らせるリョーマ。だがその時、桜乃が何者かに連れ去られてしまう。

救出に向かうリョーマだったが、そこに規格外の強力な敵が現れ、熾烈(しれつ)なバトルに発展。しかし、この事件は南次郎の引退に深く関わっていた。