8月21日、西野七瀬が東京・丸の内TOEIで行われた映画「孤狼の血 LEVEL2」公開記念舞台あいさつに、松坂桃李、鈴木亮平、音尾琢真、中村梅雀、小栗基裕、白石和彌監督と共に登壇。撮影エピソードなどを語った。

同作は2018年に公開され、第42回日本アカデミー賞をはじめ、多くの映画賞を獲得した「孤狼の血」の続編。物語の舞台は、前作から3年後の広島。裏社会を治めていた伝説の刑事・大上(役所広司)亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一(松坂)。権力を用いて暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきた一人の“悪魔”によって事態は急転する。

原作シリーズでは描かれていない完全オリジナルストーリーとなる今作。「スタンド 華」のママ・近田真緒役で出演する西野は、真緒の弟・近田幸太を演じる村上虹郎とのエピソードを聞かれると「以前に別の作品でお会いしたことはあったんですけど、姉弟役という近い役は初めてでした。でも、お会いしてすぐに『お姉ちゃん』って私のことを呼んでくれて、そのおかげで姉弟の距離感、空気感を作りやすくしてくれて、ありがたかったです」と振り返った。

さらに、クランクアップの日、スタッフにあいさつする時に「そういうのを今までやったことがなくて、ちょっと恥ずかしくて『どうしよう?』って思っていたら、虹郎くんも同じ日に撮影が終わったんですけど、『一緒に行く?』って言ってくれて。後ろに付いて行って、お世話になったスタッフさんにあいさつができました。めちゃくちゃ頼もしかったです」というエピソードも披露。

作品の内容にちなんで、最近テンションが上がったことを聞かれると、「リアル脱出ゲームの謎解きが好きなんです。最近も時間を見つけて行ったんですけど、無事成功できた時、テンションが上がりました。『やったー!』って(笑)」と答えた。

映画「孤狼の血 LEVEL2」は全国公開中。


◆取材・文・撮影=田中隆信