夏の名物チャリティー特番「24時間テレビ44 想い〜世界はきっと変わる。」(8月21日夜6:30-22日夜8:54、日本テレビ系)で、チャリティー縦軸企画「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」の第9走者として、東京五輪女子バスケットボール日本代表・林咲希選手が登場した。

2021年の「24時間テレビ」はメインパーソナリティーをKing & Princeが務め、会場は東京・両国国技館を使用し、無観客で開催されている。

「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」は東日本大震災や熊本地震、さらにここ数年、日本各地で発生した数々の豪雨災害の被災地を支援するために行われるチャリティー企画。復興を目指す被災地への思いを胸に、岸優太をはじめとする合計10人(予定)のランナーが、リレー形式で約100kmの距離を走る。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年に引き続き一般公道を走るチャリティーマラソンではなく、閉鎖された敷地内で実施されている。

■林咲希選手コメント

もともと走ることが好きなので、今回24時間テレビの募金リレーのメンバーとして走れる事がとてもうれしいです。リレーメンバーの思いがつまったタスキをかけて走ることに緊張もありますが故郷・福岡の方や、全国の被災地の方、テレビの前で見てくださる方に、勇気や元気をお届け出来る様に、東京オリンピックで頂いた声援のお礼を伝えられるように、笑顔で走りたいです。