夏の名物チャリティー特番「24時間テレビ44 想い〜世界はきっと変わる。」(8月21日夜6:30-22日夜8:54、日本テレビ系)で、「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」の最終走者として、城島茂が発表された。

2021年の「24時間テレビ」はメインパーソナリティーをKing & Princeが務め、会場は東京・両国国技館を使用し無観客で開催。

「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」は東日本大震災や熊本地震、さらにここ数年、日本各地で発生した数々の豪雨災害の被災地を支援するために行われるチャリティー企画。復興を目指す被災地への思いを胸に合計10人のランナーが、リレー形式で約100kmの距離を走る。

■城島茂コメント

震災から10年、福島で走れることにご縁を感じます。その後もいろいろな災害があり、大変な方が全国にいらっしゃいますが、僕たちの走りが明日への一歩につながればいいなと思います。

一人で走るのではなく、お世話になった多くの方々の思いを胸に、みんなで走るので楽しみです。