乃木坂46が「真夏の全国ツアー2021」福岡公演2日目を、8月22日にマリンメッセ福岡で開催。前日に続き生配信された同公演は、グループに約5年間在籍し、卒業を発表した3期生メンバー・大園桃子にとってのラストライブとして行われた。

12thシングル「太陽ノック」で幕を開け、「ロマンティックいか焼き」「裸足でSummer」など、アッパーな曲を立て続けに披露。中でも6曲目には、初日公演で初お披露目された乃木坂46グループ結成10周年記念として、総合プロデューサー・秋元康が書き下ろしたばかりの新曲「他人のそら似」を披露した。

最後のライブとなる大園桃子は、「始まる前からすごく緊張していましたが、皆さんの熱気を感じられて、楽しんでライブができそうです!」とコメント。「桃子の5年間の集大成をぜひ見てください!」と、キャプテン・秋元真夏が背中を後押しした。

中盤では、ユニット曲・アンダー曲・期別曲など、バリエーションにとんだ楽曲を披露。26thシングル「僕は僕を好きになる」C/W収録曲「友情ピアス」では、大園と遠藤さくらによるアコースティックギターの生演奏で弾き語り、ラストライブとなる大園に華を添えた。

そして終盤では、選抜曲を中心に披露。今年の「真夏の全国ツアー2021」で自覚が最も芽生え、成長したメンバーの一人である遠藤。「こんな私がセンターを務め、先輩の方々に恥ずかしい思いをさせてしまってるのではないかと思うこともありました。このような貴重な経験をさせていただいているのは、先輩方や同期のメンバーだったり、ファンの皆さんのおかげです。感謝の気持ちを込めてパフォーマンスします」と語り、27thシングル「ごめんねFingers crossed」で本編を締め括った。

アンコール前では、大園を振り返るVTRが流れ、その後本人が一人で登場。

「私の気持ちを手紙に書いてきましたので、読ませていただきます。乃木坂のメンバーに加入した当時、大人の人の前に立って、何をしたらいいかも分からず、たくさん大きな舞台に立たせていただいたことを怖く感じてばかりで、自信がない私は毎日を生きることだけで精いっぱいでした。でも、皆さんの優しさに支えられたことで、前を向くことができました。5年間の活動を経て、人はこんなにも変われるんだと思い、明るい気持ちで卒業ができます。私にとってこの5年間は本当に宝物です。お世話になりました」と涙ながらにコメントした。

「三番目の風」「思い出ファースト」と3期生楽曲を披露。その後、「やさしさとは」「孤独な青空」「転がった鐘を鳴らせ!」をパフォーマンス後、大園の卒業セレモニーとして、1期生・齋藤飛鳥、2期生・北野日奈子、3期生・梅澤美波、4期生・筒井あやめ、そしてキャプテン・秋元が涙ながらに労いの言葉を贈り、最後は「乃木坂の詩」でアンコールを締め括った。

アンコールが終了したものの、ステージの熱量は下がらず、そのまま今回の全国ツアーでは初となるダブルアンコールへ。大園・与田祐希がダブルセンターを務める18thシングル「逃げ水」で、「真夏の全国ツアー2021」地方公演、そして大園のラストライブの幕は閉じた。

■セットリスト
乃木坂46「真夏の全国ツアー2021」8月22日(土)マリンメッセ福岡

M1:太陽ノック
M2:ロマンティックいか焼き
M3:あらかじめ語られるロマンス
M4:13日の金曜日
M5:裸足でSummer
M6:他人のそら似(新曲)
M7:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M8:〜Do my best〜じゃ意味はない
M9:ファンタスティック3色パン
M10:制服を脱いでサヨナラを…
M11:空扉
M12:Against
M13:I see…
M14:アナスターシャ
M15:トキトキメキメキ
M16:ひと夏の長さより…
M17:他の星から
M18:友情ピアス
M19:生まれたままで
M20:My rule
M21:世界で一番 孤独なLover
M22:何度目の青空か?
M23:逃げ水
M24:ガールズルール
M25:ごめんねFingers crossed
(本編終了)
EN1:三番目の風
EN2:思い出ファースト
EN3:やさしさとは
EN4:孤独な青空
EN5:転がった鐘を鳴らせ!
EN6:乃木坂の詩
Double EN1:逃げ水