中川大志主演のドラマ「ボクの殺意が恋をした」 (毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第7話が、8月22日(日)に放送された。柊(中川)が葵(新木優子)を殺すべきかと苦悩してボロボロと号泣したほか、関連する事件のすべてを操る黒幕の正体や、死んだはずの重要人物が生きていたなど、衝撃の事実が次々と明らかになり怒とうの展開となった。(以下、ネタバレが含まれます)

■千景、詩織、丈一郎の新事実が明らかに!

同作は最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(おのとら・しゅう/中川)が、秘密をかかえる暗殺ターゲットのヒロインで人気漫画家・鳴宮美月(なるみや・みつき/新木)の命を狙う、殺意と恋が入り混じるスリリングラブコメディー。

柊は、育ての親で“伝説の殺し屋”丈一郎(藤木直人)を殺した真犯人の謎に苦悩していた。詩織(水野美紀)から、鳴宮美月の正体は千景(田中みな実)だと聞いた柊は、千景の恋人・武尊(小池徹平)がSOSに殺害されたことが元凶だと知る。武尊の復しゅうを誓う千景、そして武尊の妹である葵は、丈一郎を恨んでいることは十分に考えられた。

一方、千景は詩織に会いに行き、丈一郎を殺した真犯人で、一連の黒幕は詩織であるという事実を突き付けた。柊が鳴宮美月を殺すよう仕向けたのも、丈一郎殺害の現場に葵が映っていた動画も詩織が作ったものだった。

次々と明らかになった事実。第7話終盤には、最大の衝撃が訪れた。なんと、死んだはずの丈一郎が生きていたのだ。

■“好きな人”が“好きな人”に殺されたかもしれない…

ドラマファンからは、中川大志演じる柊の“目の変化”に称賛の声が集まった。

柊は初恋の相手であり、「命を守る」と誓った葵のことを殺さなくてはいけないという使命に折り合いが付けられず、莉奈(松本穂香)の前でボロボロと涙を流した。葵を信じたい柊が、苦悩して号泣する姿に莉奈は、丈一郎の任務を引き継ぐことは柊が丈一郎の死から進むために必要なはずだと告げた。このときから、柊の目が変わった。

感情を一切排除したような冷たい目。好きになった葵に向けて銃口を向けた柊の表情は、うつろな中に鋭さがあり、彼が殺し屋としてスイッチが入った瞬間があった。

視聴者のSNSには「あんな目をするようになったとは!」「あああ やっぱり中川大志はすごい役者だわ」「柊くんの決意が伝わったよ涙」「第7話ものすごい展開だったな」などの書き込みが上がり、次回への期待が高まっている。

次週、第8話は8月29日(日)に放送される。柊をかばって撃たれた葵は、病院へ運ばれて緊急手術を受ける。柊は、葵を守れなかったことを流星(鈴木伸之)に責められる。柊が帰宅すると、千景と丈一郎が待っていた。死んだはずの丈一郎が現れ、柊は混乱する。