8月23日放送の「ファミリーヒストリー」(夜7:30-8:42、NHK総合)では、舘ひろしが登場。舘の知られざるルーツを探る。同番組は、著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめるドキュメンタリー。

名古屋出身の舘の高祖父は、尾張徳川家に仕えていたことが明らかに。19歳まで暮らした築200年の屋敷の秘密に迫る。また、土木技術者だった祖父が設計したアーチ橋が現存していることも判明。そして、努力の末「舘医院」開業した舘の父のエピソードも。父の若き日を知るかつての同僚が語る「冗談好きで人気の医師だった」という証言などを紹介する。

そして、三重県特産の萬古焼の製陶所だった舘の母の実家も登場。母は常に成績トップの才女で、戦禍の中、高校生活を送ったという。長男として厳しく育てられた舘はなぜ芸能の道に進んだのか。母の知られざる思いに迫る。今年大学を卒業した舘の秘蔵映像も公開する。