GENERATIONS from EXILE TRIBEのレギュラー番組「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の8月22日放送回では、GENERATIONSのメンバーたちが、武蔵野市と三鷹市周辺を放送エリアとするコミュニティ放送局むさしのFMの、一般の方がラジオ番組を作ることができる15分間の放送枠を使って、ラジオ番組をセルフプロデュースし、誰がNo.1ラジオDJなのかを決める「ラジオDJ科前編」を行った。

■佐野玲於の完璧な時間配分に「ツッコむところがない…」

オープニングで、FMラジオのパーソナリティーを務める小森隼が、ラジオ番組の基本構成である「1.タイトルコール、2.自己紹介〜OPトーク〜、3.企画、4.曲フリをして好きな曲をかける」を説明しながら、トーク10分+エンディング5分の15分で行われる本企画について、「10分って、相当、短いです!」とコメントすると、ほかのメンバーたちは「え!?短いの?」「逆に!?けっこう長いって話してたんだけど…」と驚く。

そして、今回の企画で、メンバーたちのなかから「No.1ラジオDJ」を判定する、むさしのFMでパーソナリティからディレクターまで務める石塚健司の登場後、ひとりずつ、即興のラジオ番組収録を行うと、AMラジオでパーソナリティを務める佐野玲於は、ストップウォッチを駆使しながら、完璧な時間配分で「Z世代のボヤキ」と称したラジオ番組を披露し、タイトルにある“Z世代”とはどんな人のことをいうのか、ていねいに説明しながら、自分との接点や、そこから派生した海外のニュース「サスティナブル(地球環境)」について語る。これを受け、ほかのメンバーたちは「ツッコむところがない…」と、自分の言葉でわかりやすく伝える佐野のテクニックに、感嘆の声を上げる。

また、自身もFMラジオでパーソナリティを務めている小森は、「これがラジオです!スゴイと思う!俺、マジでスゴイと思ったよ!」と絶賛しながら、「タイトルからしても自分のプロフィールともあってるし、地元の話から梅雨の話みたいな時事ネタを入れながら、『僕は低気圧が弱くて…』って、自分の話に持っていってたのもスゴイ。相当、スキル高いと思った。マジでラジオだった!」と、最初に石塚が言及していた「中高年のリスナーが多い」という言葉を意識した、佐野のラジオ構成に称賛の言葉を贈った。

■「ふつうにラジオだったもん」

本放送の最後には、番組冒頭から「むずかしい」と弱音をこぼしていた片寄涼太が挑戦し、「家族や奥様が聞いて、喜んでもらえるような感じでやってみます」と意気込んだ。そして、「片寄涼太の10分ラジオ」と称したラジオ番組で、自身の父親にまつわる自虐ネタを含めた、さまざまなおもしろエピソードに、メンバーたちは「おもしろい!」と爆笑していた。

また、最初こそ、緊張を見せていた片寄が、メンバーたちを笑わせるほどの安定したトーク力を披露しながら、最後の曲フリまで、しっかり落としどころをつけた際には、「ちゃんとやれた感じがしない」と感想を語る片寄に対し、白濱亜嵐は「マジで、レギュラーきそう!ふつうにラジオだったもん」と絶賛した。

なお、「俺のそこを褒めて欲しい!ほめビンゴ〜龍友編〜」が、ABEMAプレミアムにて公開中だ。