山下智久が、Huluオリジナル「Drops of God/神の雫(仮題)」で海外ドラマ初主演を務めることが決定した。同ドラマは、日本のワインブームに火を付けた人気マンガ「神の雫」(作・亜樹直、画・オキモト・シュウ/講談社)を仏英日の多言語ドラマシリーズとして実写ドラマ化。山下は、聡明なワイン評論家・遠峰一青役を演じるため、自身史上最長期となる海外での撮影に挑む。

山下は、2018年の映画「サイバー・ミッション」(中国/香港)で初めて海外作品に出演、続いて世界約 60の国と地域で放送・配信中のドラマ、Huluオリジナル「THE HEAD」(Huluで独占配信中)への出演を経て、今回の海外ドラマ初主演となる。

2022年には大型映画「The Man From Toronto(原題)」の公開も控える山下は、本作の出演に際し「自分史上最長期での、海外での撮影ですが、海外チームと心一つに同じ気持ちで、より良いものを作れるよう切磋琢磨していきます」と意気込みを語っている。

なお、今回のドラマシリーズにおいては、原作漫画で物語の中心となっている“神咲雫”という男性のキャラクターが、フランス人女性・カミーユになっており、山下演じる一青のライバル・カミーユ役は、フランスの女優“フルール・ジェフリエ”が演じる。

■山下智久コメント「僕にとってのワイン学のバイブル」
「神の雫」という壮大であり、繊細な、僕にとってのワイン学のバイブルでもあるこの、作品に出演させていただく事をとても嬉しく光栄に思います。ワインの魅力や奥深さ、そして人間模様、様々な要素が複雑に絡み合い、成り立つ奇跡を皆さまに感じてもらえるよう、真摯に作品作りに向き合って参ります。

自分史上最長期での、海外での撮影ですが、海外チームと心一つに同じ気持ちで、より良いものを作
れるよう切磋琢磨していきます。そして僕自身も、遠峰一青という役を通して成長できるよう頑張ってまいります。完成を楽しみに待っていてください。

■著者・亜樹直コメント「本当に感動しています」
「神の雫」をスタートさせた時、この漫画がワインの本場フランスで翻訳され、ヒットするなど予想だにしませんでした。それがかの国でドラマ化までされることになり、本当に感動しています。

しかも神咲雫をフランス人の女性が演じ、遠峰一青を日本の人気俳優、山下智久さんが演じてくれるというではありませんか!作者の私たちも、どのようなドラマになるか、いち視聴者としても楽しみです。