10月15日(金)に全国公開される「劇場版 ルパンの娘」。このほど、橋本環奈演じる北条美雲と、栗原類演じる三雲渉が急接近するシーンの場面写真が解禁された。

同作は、2015年8月に発売され、各書店の文庫売上1位を獲得しロングセラーとなっている横関大の同名小説が原作。代々泥棒一家である“Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた物語。

2019年7月からスタートしたドラマ1作目の放送では、真剣に全力でふざけるキャストの好演や、泥棒スーツを身にまとった激しいアクションと独特なポージング、そしてミュージカル演出が話題を呼んだ。2020年にはドラマ2作目が放送され、新たに代々名探偵一家である北条家の娘・美雲が登場し、前作にも増して振り切った物語が展開された。

■美雲(橋本)が渉(栗原)を誘惑「ちゃぷちゃぷしまひょ」

解禁された場面写真は、美雲と、“Lの一族”の長男・渉がくりなす、“もう一つの禁断の恋”の進展を予感させるようなワンシーン。常にキリッとしている美雲が、艶のある表情で渉の肩を抱き、誘惑しているような新しい一面を見せている。

このシーンは、劇場版でキーとなる“もう一人のLの一族”の存在について、美雲が秘密をつかんでいると知り、渉が美雲の住むアパートを訪れるワンシーン。渉は美雲から情報を聞き出そうとするのだが、「一緒にお風呂入りまひょか。ほな、うちとちゃぷちゃぷしまひょ」と美雲が頬を赤らめ、渉を突如誘惑する。

この撮影について橋本は、「今回の美雲ちゃんの見どころの一つですが、撮影では一番難しかったです」と振り返り、コメディ特有の塩梅に苦労し、監督と幾度も相談をして挑んだという。

一方栗原は、橋本と共演経験があったことから、「何の心配もなく、安心して演じることができました」と振り返った。そして色気あふれる橋本の演技に、ぜひ注目してほしいとコメントした。