波瑠が主演を務めるドラマ「ナイト・ドクター」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第8話が8月23日に放送され、ナイト・ドクターとしてめきめき成長する深澤(岸優太)に視聴者から応援の声が上がった。(以下、ネタバレがあります)

同作の舞台は、試験的に結成された夜間救急専門の医療チーム“ナイト・ドクター”。肉体的にも精神的にも厳しい現場で戦いながら唯一無二の絆を紡いでいく5人の救急医を波瑠、田中圭、岸、北村匠海、岡崎紗絵が、そして5人の指導医を沢村一樹が演じる。

脳外科、消化器内科…と専門分野ごとに細分化されている昼間の医療体系とは異なり、ナイト・ドクターは夜間、どんな症状の患者にも対応しなければならない。幅広い医療知識が必要になる反面、昼間のドクターたちからは専門性のない“何でも屋”扱いされることも。第8話では、成瀬が専門性の高い脳外科に移るべきか迷うエピソードが描かれた。

成瀬にベストな選択をしてほしいと願う美月(波瑠)たち。ここ最近、救急医として急成長する深澤も、その思いは同じだ。成瀬や美月に頼らず一人前の救急医として役に立ちたいと、重篤な救急患者を受け入れてぱきぱきと処置をしていった。

■「深澤先生にギャップ萌え!!」ファン沸騰

専門用語を駆使し、次々と看護師に指示を出していく深澤。その姿に、視聴者から「深澤先生の成長ぶりに涙出た」「深澤先生すごいよ!」「このドラマ、深澤の成長物語としても秀逸」と感動の声が上がり、Twitterでは「#ナイトドクター」に加え「#深澤先生」もトレンドランキング入りするにぎわいとなった。

一方で、思いを寄せる美月にはなかなかアピールできない深澤の不器用さもクローズアップされた第8話。美月と深澤、それに深澤の妹・心美(原菜乃華)とその彼氏・勇馬(宮世琉弥)の4人で出掛けたキャンプでもおいしいところを勇馬に持っていかれ、いまいちアピールできず。救急医としての急成長ぶりとプライベートでの残念ぶりのギャップに「深澤先生にギャップ萌え!!」「深澤先生可愛すぎる」の声も飛び交った。

成瀬の決断は「ここに残ってナイト・ドクターを続ける」というものだった。「(脳外科の)後輩より技術が劣ると知った時は悔しかった。でも患者がまた朝を迎える、それをかなえられる技術を持った医者はあの病院で俺たちだけだ」。朝まで患者の命をつなぐナイト・ドクターもまた、他の医師にはない高い専門性を持った医師になり得る――。そんな成瀬の結論が、美月や深澤たちにもさらなる成長をもたらした。

8月30日(月)に放送される第9話では、心美の容態が急変し、緊急手術を受けることに。まもなく退院も望めそうな時に起きた心美の異変に深澤は衝撃を受ける。数日後、美月らは本郷(沢村)から、深澤が休職することになったと告げられる。