8月23日、「映画 おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!」の公開直前プレミア上映会が都内で行われ、“スキッパー”の声で出演している西川貴教が、横山だいすけ、小池徹平と共に登壇した。

同作は人気番組「おかあさんといっしょ」(毎週月〜土曜朝7:45-8:09、NHK Eテレ)の劇場版で、お兄さんお姉さん、ガラピコぷ〜のみんなが繰り広げる笑顔と涙の大冒険が描かれている。西川は「おかあさんといっしょ」に登場するキャラクター・スキッパーの声優を2016年4月から務めており、2018年公開の「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」でもスキッパーの声を担当した。

舞台に登場した西川は「なんでもお届け、スキッパー!」とあいさつ代わりに呼び掛け、「少しおっちょこちょいなスキッパーさんですが、みんなに喜んでもらえるものをたくさん運んで毎日頑張ってます! ちょっと失敗することが多いので、みんなに心配をかけてしまうんですが、今回もいろいろ大変なことになっています。でも、そんなスキッパーさんのことも好きでいてくれるとうれしいです」と、今作でもスキッパーらしさを発揮していることを伝えた。

完成した作品を見た感想を交えて「今、こういう状況の中で、一緒に歌ったり声を出したりすることはできないけど、みんなと一緒にいろんな映画の楽しみ方ができるよ!って、この映画ではいろいろチャレンジしているので、楽しんでもらいたいなと思います。夏休みだけど、どこにも行けなかったり、おじいちゃんおばあちゃんにも会いに行けなかったりしたかもしれないけど、この映画で少しでもみんなが笑顔になってくれたらうれしいなと思います」とメッセージを送った。

映画の内容にちなんで、“ヘンテコ体験”を聞かれると「今回(この日の舞台あいさつ)の衣装のオーダーがありました。『ヘンテコでポップでカラフルな衣装でお願いします』という内容でした。それで、目いっぱい派手な、オレンジ色の迷彩柄みたいな上下を用意していたんです。でも、横並びがあるので、だいすけお兄さんと徹平の衣装を見せてもらったら、スーツだったんです…」と語る。

続けて「アメリカの映画とかであるじゃないですか。『仮装パーティーだよ』って言われて仮装して行ったら、みんなフォーマルな衣装やドレスのダンスパーティーだったっていうのが。あれと同じことが起きそうになってて、ホント、ギリギリでスーツにして良かったです(笑)。たまたま徹平のところのスタイリストさんと知り合いだったから整合性が取れましたけど、誰を信じていいのか分からなくなりました(笑)」と、ホヤホヤの“ヘンテコ体験”を明かした。

「映画 おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!」は、9月10日(金)より全国公開。


◆取材・文・撮影=田中隆信