水谷豊主演「4K時代劇スペシャル無用庵隠居修行5」(夜8:00-9:54、BS朝日)が9月21日(火)に放送される。

同ドラマは、直木賞受賞作家・海老沢泰久原作の短編時代小説「無用庵隠居修行」を、時代劇「だましゑ歌麿」シリーズの水谷と吉川一義監督のコンビでドラマ化。2017年に初めて放送され、以来、第4弾まで回を重ねてきた痛快エンタメ時代劇シリーズ。

第5弾となる今回は、隠居生活を送る半兵衛(水谷)のもとへ、老中・定信(杉本哲太)が何者かに襲われたという知らせが入る。半兵衛は、大奥の権力者・大曽根と対立するなどなにかと敵が多い定信を警護する大番士たちを鍛え直す役目を任される。

大番士たちを指導する場で半兵衛は留守居役の桧垣と出会い、意気投合するが、桧垣は半兵衛に思いを寄せる奈津(檀れい)の元夫だったことが分かる。何も知らない半兵衛は桧垣と奈津を引き合わせてしまい、2人は動揺。大人の恋の行方にざわつきながらも半兵衛らは、江戸で流行する麻疹(はしか)の特効薬に潜む大奥の闇に巻き込まれていくという物語が描かれる。

今回も水谷、檀のほか、岸部一徳、田山涼成、中山忍、田中偉登、松風理咲、橋爪淳、市毛良枝、榎木孝明、杉本哲太など、おなじみの豪華レギュラーキャストも集結する。

■水谷豊のコメント
5年も続けていると「ただいま」という感じになりますね(笑)。「無用庵」がここまで続く人気の秘密は、僕にはよく分からないのですが、完成した作品を見るとね、面白いんです(笑)。今回の話も面白いですが、それに尽きるんじゃないかと思いますね(笑)。

「無用庵」は吉川(一義)監督の手のひらで遊ばせてもらっている印象があります。時代劇では、当時の世相や生活する人々をリアリティー豊かに描かなければいけないのですが、その本物感がこの作品にはあるんです。この京都の撮影所に来るたびにそれを感じています。そんな本物感の中で僕らも演じているんだと思うと、とてもいいですね。

今回は奈津の過去が明かされますが、それによって半兵衛のとても中途半端だった奈津への思いが一つ先に進むんですね(笑)。ただ、時代劇で男女の距離が近づくというのは現代劇とは違う。やはりなんともいえない距離感なんです。近づくようで近づかない、その微妙な距離感がとてもワクワクドキドキ。時代劇独特です。

もう一つは大奥の裏の話。これがとても魅力的なんです。その裏でどんなことが起きているのか。ぜひお楽しみにしてください。あとはわれわれの日常の生活ですね。そこが面白おかしく描かれながら、バランス良く奈津の過去、大奥の裏と絡んでいきます。ご期待いただきたいですね。

■岸部一徳のコメント

(コロナ禍で)最近は家にいる方も多いんじゃないかと思いますので、ドラマを見て楽しんでいただければと思います。

僕もこの「無用庵」を見て面白いと思いますね(笑)。その中でも、やはり水谷さんの魅力が大きいと思っています。回数を重ねていくことでの慣れとか、同じことをまたやるというのではなく、「無用庵」
の生活を深めていっているような気がします。1年ずつ重ねることで、そこが魅力になっていると思います。

少し笑わせるところもありますが、やっぱり品のよさが基本にあって、吉川監督がそういうものをすごく大事にされている。そこがちょっと他のドラマとは違うところかな、と思ったりもしています。

■檀れいのコメント

去年の撮影が終わって今回クランクインするまで、世の中的にも皆さんそれぞれにいろいろなことがあった1年だったと思います。元気で再び「無用庵」の撮影ができたこと、スタッフも欠けることなくそろったことが本当にうれしいですし、無事に撮影をできたことが感慨深いです。

私の周りにも「無用庵」ファンが多くて、皆さんほっこり幸せになるのでしょうね。ドラマ上ではいろいろな事件や人間模様がありますが、そんな中、ほのぼのとほんわかとなる半兵衛様と勝谷さんの掛け合いは絶品です。私も笑いをこらえるのが苦しいぐらい楽しいので、見ている皆さんもこの世界を楽しんでくださっているのではないかと思います。

時代劇では私たちもその時代の空気感をまとって演じなければなりませんが、スタッフの皆さんがその世界観をしっかりと作り上げてくださいます。この撮影所の時代劇の匂いがするセットの中にいると、諸先輩方からつながってきたものがあると、撮影をしながら感じています。

今回、5回目にして半兵衛様がググッと奈津に近づいてきてくださいますので、私としては思い残すことはございません(笑)。でも、まだまだいきますよ。今回はその大きな一歩を得ることができたので、ね(笑)。