Sexy Zoneの中島健人が小芝風花とダブル主演するドラマ「彼女はキレイだった」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。8月24日に放送された第7話は、愛(小芝)に思いを寄せる樋口(赤楚衛二)にとっては試練の回。傷つき打ちのめされる樋口の表情がファンの心をとらえた。(※以下、ネタバレがあります)

同作は、2015年に韓国で放送されたドラマの日本版“最恐毒舌エリート”長谷部宗介と、その幼なじみの“元美少女”佐藤愛の初恋の行方を描く。愛の親友・梨沙(佐久間由衣)、そして樋口も巻き込んだ四角関係に発展中だ。

第7話は、自分の本当の気持ちに気づいた宗介が愛に熱烈アプローチする展開。惹かれ合っていく2人を、樋口はどうすることもできない。「何かあった?」「ジャクソンはどうしたいの?」と優しく愛の話を聞きながら、一度は「俺、ジャクソンにとって最高の友達を目指す!」と気持ちを切り替えようとした。

だが、体調を気遣ってくれる優しい愛に、心の中は揺さぶられっぱなし。耐えきれず「やっぱ、友達なんて無理だ」と愛を抱きしめ、「俺にもチャンスくれないか。俺たちなら、絶対楽しい」「行くな、行くなよ!」とすがった。

樋口は、笑顔が印象的なキャラクターとして描かれてきた。愛がどんくさい“残念女子”だった頃から「ジャクソン、ジャクソン」と可愛がり、先輩として編集部の仕事を手取り足取り教え、愛が悩んでいれば明るく元気づけ、笑顔で愛を支えてきた。

だからこそ、愛が宗介のもとへと走ったその瞬間、樋口が浮かべた深く傷ついた表情は印象的。視聴者からも「樋口くん、切なすぎるよ…」「樋口くんの気持ちを思うと涙が止まらない」「ジャクソン大好きな樋口くんがいい人すぎてつらい」「なんで樋口くんじゃダメなの〜!?」の声が上がり、Twitterでは放送後、「#彼女はキレイだった」に加えて「樋口くん」も世界トレンドランキングトップ10圏内に食い込む反響を呼んだ。

■“チェリまほ”では童貞男子を好演

赤楚は“チェリまほ”ことドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(2020年、テレビ東京系)にメイン出演。童貞のまま30歳を迎え“触れた人の心を読める魔法”を手に入れた主人公・安達清役で一躍注目を浴びた。

心優しくピュアな安達をかわいらしく演じて視聴者を熱狂させ、深夜帯放送のドラマながら「第106回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」(2020年10〜12月放送のドラマが対象)で主演男優賞部門第2位(読者票では1位)という高評価だった。

「彼女はキレイだった」では明るくけなげで頼りがいのあるキャラクターを魅力的に演じ、完璧イケメンエリート・宗介の対抗馬として存在感を発揮。回を追うごとに“樋口くん派”を増やし続けている。

いつも笑顔の樋口が見せた、傷ついた表情が印象的だった7話。続く第8話は8月31日(火)に放送する。雑誌廃刊の危機が編集部員の知るところとなり、事実を隠していた宗介に腹を立てた唯子(片瀬那奈)たちは次号の制作をボイコット。宗介が一人で制作することになってしまう。孤軍奮闘する宗介に、樋口が追い打ちをかけるように厳しい忠告をする。