声優の下野紘と内田真礼が出演する「声優と夜あそび 火」(毎週月〜金曜夜10:00-11:30、アニメLIVEチャンネル)、8月24日放送の #19では、下野と内田がムツゴロウさんになり切り、さまざまな生き物クイズに挑戦した「生き物の正しい持ち方」などを行った。

■下野紘、内田真礼に「誰のマネなの(笑)」

「生き物の正しい持ち方」では、動物から昆虫まで、さまざまな生き物を傷つけず、かつ、安全な持ち方を記した本「生き物の持ち方」を元にしたクイズに挑戦した。

さっそく、動物たちが待っているという別スタジオへ移動すると、そこにはたくさんの動物のぬいぐるみがあり、“癒しの火曜日”らしく、かわいい動物のぬいぐるみとたわむれながら、“ムツゴロウさん風”に回答していく。ムツゴロウさんになり切るべく、帽子やメガネをつけ、“紘ゴロウ”と“真礼ゴロウ”に変身した。

まずは内田が、ウサギの持ち方に挑戦する。「よぉしよしよし。すばらしい、ウサギくん」「白いタオルで包んでやると、安心するんですね〜」とモノマネをしながら、解説し、ティッシュで包んで、抱えると回答した内田だが、結果は不正解で、ウサギがキックしてもあたらないよう、後ろから抱きしめるように抱えるというウサギの持ち方に、「なるほどね〜」と納得の表情を見せる。

続いて、大型犬の持ち方に挑戦した下野は、「かわいい〜、大型犬ですね〜」「いいこ、いいこ〜」となで回したり、抱いて、転がったりと、すっかり“紘ゴロウ”になり切り、内田も「だいぶ激しい(笑)」と声をもらす。みごとな実演だったが、結果は不正解で、下野は「わからんて〜」「大型犬、持つことある?」となげく。

その後、トンボやナメクジなど、昆虫の持ち方にも挑戦するも、不正解を連発し、最後は、パンダマウスというネズミの持ち方の問題に、内田がクイズそっちのけで、ボケにまわる展開になる。“真礼ゴロウ”の家に侵入したネズミを退治するという設定で、タライを手にとり「おれん家には、ネズミが出るんだよ」「うちの子たちの耳を食うから、危ねーんだ」となまり口調で話しながら、パンダマウスを捕まえる内田に、下野はひざからくずれ落ちて爆笑する。「誰のマネなの(笑)」「持ってねーじゃん!」とツッコミながら、内田の会心の演技を楽しんでいた。

■下野紘「すっごい、今、恥ずかしい」

また、動物の寝姿クイズで、ラッコの寝姿に挑戦した下野は、「あとで電話するね」「ラッコってだけで注目を浴びるというか?」「かわいいと困っちゃうよね〜」とプレイボーイなラッコを演じ、内田から「あんなラッコ嫌だな〜(笑)」と厳しいツッコミを受ける。

その後も、「やっぱり高級な布団を巻かないと、寝られないよね〜」とラップを巻いて寝ようとしたりと、ボケを連発する下野だが、もちろん不正解で、“手をつないで寝る”という正解が表示されると、その愛くるしい寝姿に内田は、「え〜〜かわいい!」と悶絶する。

そして、クイズに失敗した下野にはラッコのぬいぐるみが渡され、正解を実演するという指示が下る。下野は、「すっごい、今、恥ずかしい」と照れながらも、ラッコのぬいぐるみたちと手をつなぎ、かわいい姿を見せていた。

■「声優と夜あそび」はお休み

また、番組の終盤には来週1週間、「声優と夜あそび」は休止となり、各曜日の“夏の終りの胸キュン回”が再放送されることが発表された。「2021」のこれまでの放送回から各曜日の“胸キュン”回から、8月31日(火)は、内田と、ゲストの長縄まりあのヤンキーボイスに胸キュンした「#4」を再放送し、放送後1週間、無料で楽しむことができる。また、「#2」の「下野のDrタケルに胸キュン回」、「#17」の「2人の浴衣姿に胸キュン回」も、8月31日(火)夜11:30から9月7日(火)夜11:30まで無料配信される。

さらに、8月27日(金)には、森久保祥太郎による音楽番組「ザ・セッション from 声優と夜あそび」の第3回が放送されることも発表された。今回のゲストは、影山ヒロノブとなる。