名古屋・栄を拠点に活動するSKE48のメンバー・日高優月と、アパレルブランド「moz FOREST LABEL」とのコラボレーション企画がスタートし、8月26日よりコラボデザインのプルオーバーパーカー、半袖Tシャツ、バケットハットの販売受付が開始された。

日高は1998年4月1日生まれの23歳で、愛知県出身。2012年6期生としてにSKE48に加入し、2016年に20thシングル「金の愛、銀の愛」で初めて選抜メンバー入り。大の中日ドラゴンズファンとして知られ、東海ラジオ「山浦ひさしのドラゴンズステーション」(毎週月曜昼5:15-夜7:00)にアシスタントとしてレギュラー出演している。

また、2020年にはYouTubeチャンネル「ドラ女ゆづきのスクイズTV」を開設。グループの中心メンバーの1人として、9月1日(水)発売の28thシングル「あの頃の君を見つけた」選抜メンバーにも名を連ねている。

日高と「moz FOREST LABEL」のコラボアイテムは、プルオーバーパーカー、半袖Tシャツ、バケットハットの3アイテム。プルオーバーパーカーと半袖Tシャツはそれぞれ5色、バケットハットは2色展開となっている。

■日高優月コメント

元々洋服が好きで、今回「moz FOREST LABEL」さんとのコラボのお話をいただき、本当にうれしく思います。シンプルな中にもそれぞれに個性を出してみました。どんな方にも似合うはず。皆さんに着てもらえたらうれしいです。