広島出身のお笑い芸人・バイきんぐ西村瑞樹が出演する、趣味のキャンプをただ楽しむだけの番組「西村キャンプ場」(毎週土曜昼17:00-17:30、テレビ新広島)。8月28日(土)は、まだまだ夏休み気分で瀬戸内のハワイと呼ばれる周防大島をぐるっと1周するキャンプ旅へ。

今回の舞台は、山口県最東端に位置する瀬戸内海で3番目に大きな島・周防大島。知る人ぞ知る絶景ポイント・飯の山展望台をスタートした西村は、さっそく瀬戸内のハワイと称される周防大島へ向かう。

ハワイ旅行気分でテンション高めの西村がまず向かったのは、ブルーベリー農園。なんとかブルーベリーを調達しようとする西村の調子のよい一挙手一投足に、番組の存在を知らない農園の主人は疑いの目を向け始める。

続いて、とても珍しい海産物をとる地元の素潜り漁師の元へ。周防大島でもその漁師しかとってないという超レア&珍味な海産物があるという。その海産物の見た目に大興奮する西村に漁師は更なる海産物を教えてくれる。特別な採取をするその海産物に、西村は時間も忘れて夢中になる。

初日のキャンプ地探しで目に留まったのは、庭に大量のトーテムポールが設置されている家。さっそく家主に話を聞くと、なんと全て手作りだという。さらに家の中に案内されると、驚きの施設が。西村は家主のペースに振り回されながらもキャンプ地交渉を試みる。