渡辺大知、菊池風磨(Sexy Zone)、アイクぬわら(超新塾)の主演3人のわちゃわちゃが楽しいドラマ「イタイケに恋して」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)。8月26日深夜に放送された第8話では、研究所に影山(渡辺)の元カノ・結花(石川恋)が現れ、影山たちの日常をかき乱す展開。ドラマがクライマックスに近づく中、大きな盛り上がりを見せた。(※以下、ネタバレがあります)

同作は、影山(渡辺)、飯塚(菊池)、マリック(アイク)の不器用でモテない“こじらせ男子”3人が、恋愛インフルエンサー“ブル美”こと佐知(石井杏奈)の助手として恋愛相談の解決に奮闘する物語。ちょっぴりイタくて、ちょっぴりカワイイ男子たちを見守らずにはいられない“イタきゅん”ラブコメディが展開している。

第8話では、影山、飯塚(菊池)、マリック(アイクぬわら)の元に、ドイツの証券会社に勤めるエリート・常楽寺(奥野瑛太)がやってくるエピソードが描かれた。“運命の人”を探し出す手伝いをしてほしいという常楽寺。影山たちは、マッチングアプリで選ばれた20人の女性の中から常楽寺の“運命の相手”を見極める手伝いをすることに。

ちょうどその直前、研究所に影山の元カノ・結花が押しかけてきていた。結花に何股もかけられていたことがトラウマになっている影山は突き放すが、結花は研究所を去ろうとしない。常楽寺の相談に結花も一緒に乗ることになり、結花の本当の人柄が見えてくる――という展開だった。

■自分に正直な“結花”の魅力が見えた回

影山いわく「令和イチの悪女」だという結花。だが本来の彼女は、率直で思ったことは何でも口にする飾らないキャラクターだった。結婚に求めるものは“経済力”とあっけらかんと言いのけ、笑いのツボにハマれば周りを気にせず豪快に笑う。

演じる石川は、2013年に書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』のカバーモデルに起用され“ビリギャル”の愛称で一躍注目を浴びた。その後は「CanCam」専属モデルとして活躍するかたわら、女優としても活動の幅を広げている。

世間への言いようのない怒りをその瞳に宿した“ビリギャル”で人々の心をわしづかみにした石川。そんな彼女が今作で演じる結花は、意志が強くて自分に素直な、とてもチャーミングな女性だ。だからこそ、ラストで常楽寺が恋人候補の女性たちではなく結花の前にひざまずき「僕と結婚を前提に付き合っていただけますか」と告白しても、妙に納得してしまう。

視聴者からも「結花さん、いい人じゃん…」「常楽寺さんに告白されて『私が好きなのは一人だけなので』って答えた結花ちゃんは誠実に見えた」の声が上がる。演じる石川にも「石川恋ちゃん可愛い」「石川恋ちゃんの真っすぐな瞳が結花のキャラクターにすごく合ってる」と絶賛の声が上がり、ストーリーの盛り上がりもあいまって「#イタイケに恋して」が放送後Twitterのトレンドランキング1位に躍り出る反響を呼んだ。

相談者の恋の悩みの相談に乗ってきた影山たち研究所メンバーだが、関係が深くなっていくにつれ、自分たち自身が恋の多角関係に囚われ始めている。

お互い両想いなのに素直になれない影山と結花。そして、結花にお気に入りの漫画のキャラクター“ナナちゃん”の面影を重ねるマリック。影山が自分の推しの覆面アーティスト・KORUKUだと知ったとたん影山を意識し始めた佐知。そんなこととは知らず、佐知への思いを自覚し始めた菊池。

ここから先は、研究所に持ち込まれる恋愛相談とメンバーたちの恋心が錯綜する展開となっていきそうな「イタイケに恋して」。全員がハッピーなラストを迎えられるのだろうか。