田中みな実主演の映画「ずっと独身でいるつもり?」(11月19日[金]公開)の場面写真が解禁。さらに追加キャストが発表され、市川実和子、松村沙友理、徳永えり、稲葉友、松澤匠、山口紗弥加、藤井隆、橋爪淳、筒井真理子の出演が明らかになった。

この映画は、雨宮まみの同名エッセイをもとに、現代を生き抜く女性の抱える不安や寂しさ、希望を描いたおかざき真里の同名漫画が原作。やりがいのある仕事や好きなものに囲まれる暮らしに充足感を得ながらも、周囲の雑音に傷つき、苦しみ、揺れる30代の独身女性の主人公・本田まみを田中が等身大で演じる。また、監督を務めるのは、映画「おいしい家族」(2019年)、映画「君が世界のはじまり」(2020年)などを手掛けたふくだももこ。

今回、追加キャストとして発表されたのは、田中が演じる主人公・まみと同様に、自分にとっての「幸せ」を探すさまざまな年齢・境遇の3人の女性と、彼女らを取り巻く人々だ。

市川実和子は、主人公まみが以前出版したエッセイの愛読者であり、独身である自分の生活に誇りを持ちながらも、周囲からの目や元彼の存在に振り回される由紀乃役。松村沙友理は、ギャラ飲みやパパ活など華やかな世界に生きるも、若さを失うことにおびえる女性、美穂を演じる。

そして、徳永えりは、結婚し子供にも恵まれ、丁寧な暮らし系インスタグラマーとしてもてはやされるも、自分らしさを失っている生活に悩む彩佳という女性を演じる。

加えて、まみの年下の彼氏役に稲葉友、彩佳の夫役に松澤匠、まみがコメンテーターとして出演する配信番組のプロデューサー役に山口紗弥加、同番組のMCに藤井隆、まみの唯一の理解者で自由人の伯父役に橋爪淳、まみを優しく心配する母役を筒井真理子が演じる。

■市川実和子「伸び伸びと人に見せない女の裏側を演じられた」

最初に台本をいただいた時、登場人物たちがもっと性格が悪かったんですね。決定稿ではもう少しマイルドになっているんですけれど、でも根本的には変わってなくて。きれいに飾られた姿でなく、女たちの本音の部分がこの映画で描かれていくわけですが、正直わたしは、そういうむき出しになった部分というか、陰の部分に強く惹かれていました。

私が演じた由紀乃という役は、主人公のまみや、美穂と対照的な存在に描かれています。全然キラキラなんかしてないし義務的に、いわゆる「女子」を保っている、というか。伸び伸びと、人に見せない女の裏側を演じることができました。その空気を楽しんでもらえたらうれしいです。由紀乃って、なんだかバランスが悪くて、考え方も行動もいろんなところが極端で。そんなところが演じていて面白かったです。

今回、監督をはじめ、スタッフもキャストも女性が多い現場でした。今思えば、過去に一度だけ乗ったことがある女性専用車両に流れてた空気になんだか似ていたなぁと。現場の空気もとっても穏やかで。女子校ってこういう感じなのかもな、もしかしたら、その感じってスクリーンにも表れているのかもしれません。

■松村沙友理「この作品に出会って、私の中の何かが確実に変化した」

原作の「ずっと独身でいるつもり?」はもちろん、おかざき真里先生が描かれる世界観が大好きだったので、この作品に携われることを知ったときはうれしく思いました。

原作と映画の脚本は内容も異なっていて、私が演じる美穂は原作にはいないキャラクターです。現代が上手に表現されているなというのが一番最初の印象でした。私にとって美穂は身近とは言い難い世界の子で、どう演じていいのか悩みました。

ふくだ監督とお話ししたときに、「私は美穂のことを笑ったり馬鹿にしたくない。一人の女性がどうやって生きているかをきちんと描きたい」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。撮影中もずっと「美穂を生きてほしい」と監督の指導があり、何度も何度も挑戦させていただいて、スタッフさんにたくさんアドバイスをいただきながら今私にできることを精一杯やらせていただきました。

ふくだ監督とこの作品に出会って、私の中の何かが確実に変化しましたし、作品の中で生きている美穂もどんどん変わっていきます。見た人にとっても、今まで逃げていたことや避けていたことと向き合ったり新しい自分と出会えるきっかけになれる作品だと思います。私はいまこの時代に、この作品に出会えたことがとても幸せに感じますし、そしてこれから先もこの作品のことは忘れられないと思います。ぜひたくさんの方に見てほしいです!

■徳永えり「物足りなさを抱えたままお芝居をしようと臨んだ」

とあるインタビューで、30代に突入した直後「好きなタイプは?」という質問から「結婚は考えてますか?」と具体的な質問にあからさまに変わったことに私は衝撃を受けました。

どうして女性は、30代になると周囲から「結婚」の圧力をかけられるのだろう。そしてこれは、いつまで続くのだろう。初めて今作の脚本を読んだ時、そう感じたことを思い出しました。

私が演じた彩佳は、きっとはたからみると幸せに見えるし、本人も幸せであることを自覚しています。だけどやっぱり何かが足りなくて、寂しくて。演じる際はその何かを明確にはせず、物足りなさを抱えたままお芝居をしようと臨みました。ふくだ監督はそれをくみとって、その中から希望を見出せるよう導いて演出してくださいました。

とてもあたたかく、優しい現場でした。さまざまな幸せのかたちを、この作品を通して感じていただけたらうれしいです。

■あらすじ

10年前に執筆したエッセイから一躍有名作家となった本田まみ(田中みな実)、36歳、独身。女性の幸せの価値を赤裸々につづり、読者の支持を得たが、それに次ぐヒット作を書けずにいる。

世間の需要に応えつつも、作家として迷走中にあるまみは、自身の年齢に対して事あるごとに周囲から「ずっと独身でいるつもり?」と心配されている。

さらに、配信番組でのまみの発言に「空っぽになった」と感じ、失望する元ファンの由紀乃(市川実和子)。夫への小さな不満を抱えながらインスタ主婦を続ける彩佳(徳永えり)。パパ活女子として生計をたてつつも、若さを失うことにおびえる美穂(松村沙友理)。

異なる生きづらさを抱える4人が自分にとっての「幸せ」を探す小さな一歩を踏み出す。