映画「岬のマヨイガ」(公開中)の初日舞台あいさつが8月27日に東京都内の劇場で行われ、舞台あいさつに芦田愛菜、大竹しのぶ、粟野咲莉、川面真也監督が登壇した。

同作は、柏葉幸子の同名小説を長編アニメーション映画化したもので、居るべき場所を見失った17歳の少女と声を失った8歳の女の子が、懐かしくて少し不思議な伝説の家「マヨイガ」で織り成す、血のつながらない新しい家族たちとの温かい共同生活を描くノスタルジックファンタジー。

事情により家を出てきた17歳のユイ(声・芦田)と、両親を事故で亡くしたショックで声を失った8歳のひより(声・粟野)。居場所を失った2人は、不思議な老婦人・キワさん(声・大竹)と出会い、海を見下ろす岬に建つ不思議な古民家「マヨイガ」に住むことに。2人はキワさんの温もりに触れ、それぞれの傷ついた心は次第に解きほぐされていく、というストーリー。

舞台あいさつでは、芦田が「この映画を皆さんにお届けすることができて本当にうれしいです。この映画の『マヨイガ』というのは、岩手県の伝承で『訪れた人をもてなしてくれる不思議な家』なのですが、そんな『マヨイガ』が皆さんにささやかな幸せを届けてくれたらいいなと思います」とあいさつ。

一方、大竹は「今、人と触れ合うことができない状況の中で、この映画を見て『血がつながっていなくても、こんなふうに人と触れ合えるんだ。人と信じ合えるんだ』という優しい気持ちになっていただけたらうれしいです」と語った。

また、登壇者が作品に共感した部分を告白することに。芦田は「私が好きなシーンで、ひよりとキワさんとユイの3人が縁側でみそおにぎりを食べているシーンがあるんですけど、くだらない話で盛り上がって笑い合っている姿に『まさに、小さな幸せだな。そういう幸せがある日常ってすてきだな』と思いました。私自身、学校で友達とたわいもない話をしている時間がすごく楽しくて、そんな時間があるってすごく幸せなんだなってあらためて実感しました」と明かした。

そんな中、粟野が「この作品には人とのつながりとか自然の美しさとか、『すてきだな』と思うところがたくさんあるのですが、その中でも私がとても共感したのは“食の大切さ”について描かれていることです」とコメントすると、大竹が「すごくしっかりしてる…!」と漏らして会場を沸かせていた。