映画「岬のマヨイガ」(公開中)の初日舞台あいさつが8月27日に東京都内の劇場で行われ、舞台あいさつに芦田愛菜、大竹しのぶ、粟野咲莉、川面真也監督が登壇した。

同作は、柏葉幸子の同名小説を長編アニメーション映画化したもので、居るべき場所を見失った17歳の少女と声を失った8歳の女の子が、懐かしくて少し不思議な伝説の家「マヨイガ」で織り成す、血のつながらない新しい家族たちとの温かい共同生活を描くノスタルジックファンタジー。

事情により家を出てきた17歳のユイ(声・芦田)と、両親を事故で亡くしたショックで声を失った8歳のひより(声・粟野)。居場所を失った2人は、不思議な老婦人・キワさん(声・大竹)と出会い、海を見下ろす岬に建つ不思議な古民家「マヨイガ」に住むことに。2人はキワさんの温もりに触れ、それぞれの傷ついた心は次第に解きほぐされていく、というストーリー。

舞台あいさつでは、登壇者が「忘れられない夏の思い出」や「来年の夏にやってみたいこと」などの夏にまつわるエピソードを語ることに。

芦田は「夏といえば浴衣を着て花火というイメージなので、来年はみんなで浴衣を着て線香花火大会みたいなのができたらいいなって思います」、粟野は「社会の授業で岩手に南部鉄器という伝統工芸品があることを知りました。写真を見て引かれたので詳しく調べてみると、南部鉄器でお湯を沸かすと(水に)鉄分が入って、すごくおいしいお湯ができると知って、南部鉄器の急須が欲しくなりました。この映画を通して岩手を知ることができたので、旅行に行けるようになったら家族で岩手に南部鉄器を買いに行けたらいいなと思っています」と、それぞれ「来年の夏にやってみたいこと」を語った。

一方、大竹は「娘が小学生くらいの時に『夏休みの自由研究は何をするの?』って聞いたら、『心霊スポット巡りをしたい』って言ったので、一緒にいろんな東京の心霊スポットを調べて、あまりやってはいけないことなのですが、心霊スポットに行って私が娘の写真を撮って、その写真を模造紙に貼って、というのをやりました。それで、まとめとして『あまり遊び半分でこういうことをしてはいけないことが分かりました』という自由研究を手伝ったのを思い出しました」と、娘・IMALUとの思い出を披露した。