SKE48が9月1日に28thシングル「あの頃の君を見つけた」をリリース。同楽曲は4月の1期生・松井珠理奈と2期生・高柳明音の卒業後初のシングルで、AKB48グループ最年少の12歳、林美澪がシングル歌唱メンバー初選抜ながらセンターに抜擢された。

WEBザテレビジョンでは、選抜メンバーの熊崎晴香と、今作で「Stand by you」(2018年)以来2度目の選抜メンバー復帰を果たした菅原茉椰にインタビュー。

MV撮影時のエピソードをはじめ、センターポジションへの熊崎の思いや、熊崎から見た菅原ら“7D2”(7期生&ドラフト2期生)と菅原から見た熊崎ら6期生などについて話を聞いた。

■久しぶりの夏曲は「爽やかなキラキラソング」(熊崎)

――まずは菅原さん、2度目の選抜復帰おめでとうございます。

菅原:ありがとうございます(笑)。

――選抜メンバー発表直後に、SNSやSHOWROOMでファンの方に向けたメッセージは発信してましたけど、改めて気持ちを聞かせてもらえますか?

菅原:コンサートのときに、選抜メンバーの横で踊ることが多かったので憧れたり、仲の良いメンバーが選抜に多いからこそ、勝手に劣等感を抱いたりしてたんですけど、それがあったおかげで頑張ろうと思えました。

ファンの方も(選抜として踊る姿を)見たいって言ってくださっていたので、今回選抜に戻ってきて、久しぶりにみんなの輪の中に入れてうれしいです。

――熊崎さんは菅原さんの選抜復帰を聞いて何か連絡したりしましたか?

熊崎:おめでとうってメールしました。選抜に復帰したいっていう気持ちは聞いていたので、うれしいねっていう話もしたし、前から「もし選抜入ってたらすぐにメールしてね」って話はしてたんです。

菅原:選抜メンバーの発表の前に、「シングルの発売が決まりました」って連絡がメンバー全員に来ていて。

熊崎:その時に「落ちてても入ってても、(発表の)連絡が来たらすぐに連絡をし合おう」っていう約束をしたんです(笑)。

菅原:お互いが良い報告をできてよかったです。

――そうやってお二人が選抜入りの喜びを分かち合った今作ですが、どんな曲になっているのでしょうか?

熊崎:今回は「永遠の青春」をテーマにした曲になっていて、久しぶりの夏の王道、爽やかなキラキラソングです。メンバー一同、すごくそれを喜んでいます。

皆さん、いろんな青春を送ってきたと思うんですけど、昔味わった青春のキラキラした感情を思い出してもらえたらいいなって思います。いろんな気持ちで聞くことができる曲だと思うので、今のSKE48を見て、もう一度青春を一緒に味わってほしいなって思います。

菅原:歌詞からは、自分が後悔してるから「ちゃんと気持ちを伝えなよ」「自分みたいにならないように頑張ってね」って背中を押すようなメッセージを感じました。

「今のSKE48を見て、ちゃんと推してください」みたいなふうにも感じたので、後から「やっぱりSKE48を推しとけばよかった」ってならないように、聴いてくれた方には今からでもSKE48を推してほしいなって思います。

――MV撮影はいかがでしたか? サイダーでシャンパンファイトみたいなことをしているシーンもありましたけど。

熊崎:私と茉椰ちゃんは別々のグループでの撮影で、私がいたグループは「こうやって押すと、うまくサイダーが弾けるから」って教えてもらっていたんですけど、最初は全然うまくできなくて。

浅井裕華ちゃんがコツをつかんでうまくなったんですけど、その隣にいた私は目にも入るし、顔にも掛かるし、一番濡れてた自信があります(笑)。

でも、撮影の最後で、天気もちょうど晴れになって、太陽の下でサイダーをみんなでかぶるなんて青春っぽいなって思ったし、楽しむこともできたので、いい思い出になりました。

最後だからメイクが崩れるのも気にしてなかったんですけど、終わってから会ったメンバーには「何でそんなに濡れてるの?」って言われました(笑)。

――菅原さんはどうでしたか?

菅原:私はそのシーン、隣に古畑奈和さんと高畑結希ちゃんがいたんですけど、ヘタクソだから2人に掛けまくっちゃって。

熊崎:(笑)。

菅原:自分にも掛かったんですけど、ちょうど私がサイダーを持っている手の辺りに2人の顔があったので、「掛けちゃってごめんなさい」って思いながら撮ってました。

あんまり上手な人がいた記憶もないんですけど、みんなで「(青海)ひな乃上手だよね?」ってイジったりしてましたね(笑)。

――パリピキャラだから(笑)。

菅原:そう(笑)。「パリピだからやったことあるんでしょ?」みたいに、みんなでふざけながら、結構素の感じで楽しみながら撮影させてもらいました。

――自転車に乗ったり、押しながら歩いたりするシーンもありましたよね。

熊崎:今回私は学生服を着て、若い子たちの中に入らせてもらいました(笑)。学生服を着て自転車を漕ぐっていうのが、アイドルの夏ソングのMVに必ずあるようなシチュエーションじゃないですか。アイドルになった時から、結構そういうのに憧れがあったんですよね。

菅原:夏によくある感じですよね。

熊崎:AKB48さんの「ポニーテールとシュシュ」でこういうシーンあったなって思ったり。それをみんなでやれたのがうれしかったんですけど、何年ぶりかの自転車だったので、ちょっとビビってました(笑)。

■熊崎「ファンではない方がSKE48を知っていただくきっかけになれば」

――今回のロケ地はSKE48にとっては懐かしい場所だったとも伺ってるんですが。

熊崎:そうなんですよ。「前のめり」(2015年)のMVで行った島なんです。

菅原:場所はちょっと違うんですけど、同じ浜で撮りました。

熊崎:うれしかったよね。MVを見てたから、ファンの人みたいな気持ちで「ここ映ってた」っていうところを見つけたりして (笑)。

――撮影合間とかで、印象に残るようなことってありましたか?

熊崎:「前のめり」の時に、須田亜香里さんがメンバー2人とナマコを持った写真を撮っていたんですけど、それを須田さんと美澪ちゃんと私で、同じ場所で再現しようっていうことになりました(笑)。

美澪ちゃんと私はナマコに触れなかったんですけど、亜香里さんが持って(笑)。当時と同じ場所、同じ表情で写真を撮ったので、そのオフショットをどこかに載せられればいいなって思ってます。

――菅原さんはどうですか?

菅原:ヤドカリがたくさんいて、ずっとカメラマンさんと一緒にヤドカリを見て遊んでました(笑)。そうしたら、島の管理人の方がヤドカリの赤ちゃんをたくさん連れてきてくれたんです。

ヤドカリって触るとちょっと殻にこもっちゃうじゃないですか。それでマネジャーさんと一緒に「どれが最初に出てくると思います?」って予想したりして。

あと、「くまさん、きれいな貝殻を見つけたからあげます」ってヤドカリを渡しました。「あ、いいターゲットがいる♪」と思って(笑)。

熊崎:最悪(笑)。

菅原:小学生みたいな遊びをして…(熊崎の方を見て)楽しかったですよね?(笑)

熊崎:それ茉椰ちゃんだけ(笑)。

(近くにいた須田と林が少し話に加わって――)

須田:美澪ちゃんに「小学生そんなことする?」って聞いたら「いや〜、しないですね」って言ってるけど(笑)。

菅原:マジ? 美澪ちゃん、しない?

林:あ、でも低学年はするかも…。

熊崎:低学年だってよ?(笑)

菅原:美澪ちゃんはこの前行った時にやらなかった?

林:やらなかったですね。

菅原:…まあ、今回は青春の歌なので、私も青春時代を思い出して。

熊崎:戻り過ぎじゃない?(笑)

――(笑)。今作は林さんのセンターというのも1つの注目ポイントだと思うんですけど、お二人は今作のセンターが林さんだと聞いた時、どう思いましたか?

菅原:今までは初選抜の子が後ろの列にいて、初選抜なのにもったいないと思うことが多かったので、その中から美澪ちゃんがこうやって前の方に行けたっていうのは、個人的にはシンプルにうれしかったですね。

熊崎:ファンの方もびっくりしたと思うんですけど、12歳でセンターっていうことで、ファンの方以外にも届くことがあると思うんですよ。

美澪ちゃんはすごく堂々としていて、しっかりしていて大人っぽいところもあるから、「本当に12歳!?」みたいな驚きから、ファンではない方がSKE48を知っていただくきっかけになればいいなって思います。

美澪ちゃんがセンターに立つことで“新生SKE48”が始まったっていう感じも出てくると思うので、いろんなところでこの曲を披露したいと思いますし、音楽番組にも出たいです。

■菅原「7D2が学校の“クラス”だとしたら6期生は“部活動”」

――珠理奈さんが卒業間近の時に、センター候補として熊崎さんへの期待を口にするシーンも何回かありましたけど、正直、「自分かな?」って思ったりはしませんでしたか?

熊崎:「なりたい!」とはすごく言っていて、もちろんずっとそれを目標にやっていくんですけど、正直、(菅原に)ずっと相談していた中で「言い過ぎるのも良くないよね」みたいな話もしていて。何て言うか、なりたい気持ちはあるけど「多分ないよね」って話してました。

菅原:あってほしいけど、(今は)ちょっと違うかもねって。

熊崎:今のSKE48のことを考えると、私とかではないかなっていうことを何となく察していたというか。悔しくないかって言われたらもちろん悔しい気持ちもあるんですけど、今のSKE48を盛り上げていくんだったら、これが絶対に良いと思うので、それは私もちゃんと支えたいと思いますし、もっと盛り上げていけるように頑張りたいなって思います。

菅原:いろんな子がセンターをできるSKE48っていうのが良いと思いますし。

熊崎:「美澪ちゃんなんだ!」っていうことで盛り上がってもらえたらなって思います。

――では最後に、最近は菅原さんたち7D2の活動が劇場公演をしたり、イベントに出演したりと増えてきているので、それについて少しお聞きしたいと思います。その下地にはやっぱり熊崎さんたち6期生の前例があると思うんですけど、熊崎さんは今の7D2の様子をどう見ていますか?

熊崎:茉椰ちゃんとは仲が良いので話をよく聞かせてもらっているんですけど、6期生のライブを見て、それで刺激をもらったって言ってくれたし、それをきっかけにっていうのもうれしかったです。「7D2でやりたいんです!」っていう思いが熱くて、めちゃくちゃいいじゃんって思ってました。

7D2みんなにやりたい気持ちや頑張りたい気持ちがあって、そこから先の「どうやったらスタッフさんに通じるんですかね?」とか「どうしたらできると思いますか?」とか、そういう相談も聞いていました。

だから、ファンの方にも熱さが伝わっていると思うし、ライブを見ていても輝いていたし、こうやって受け継がれている熱さがあっていいなって思いました。

他の期も見てみたいなって思いますね。7D2を見て、その後輩たちが「青春ガールズ」公演をやりたいって言って実現させたり、そうやって自分が発言したことがかなえられていくのは、アイドルだからこその喜びだったり、幸せだったりもするのかなって思います。

良い環境だと思うので、これがもっと下の期まで広がっていけばいいなって思いますし、私たち先輩も負けないように頑張りたいなって思います。

――菅原さんはこうやって7D2での活動がいろいろと広がってきている中で、どんなことを感じていますか?

菅原:7D2推しの方がたくさんいてくださるんだなっていうのは感じています。現実的な話をすると、実際に7D2で劇場公演をやるには数字も必要だからってスタッフさんに言われていて。見たいって言ってくれる人はたくさんいるから大丈夫だろうなって思ったんです。

でも、終わった後にちょっと不安になっちゃって。「大丈夫でしたか?」ってスタッフさんに聞いたら「全然良かったよ」って。本当にたくさんの方が応募してくれたみたいで。自分たちが想像してたよりもたくさんの方が7D2に期待してくれて、見たいと思ってくれていたのがすごくうれしかったです。

そういう結果があったから「関ケ原唄姫合戦: SEKIGAHARA IDOL WARS」にも7D2で出られたんだと思いますし、ファンの皆さんも一緒に声を上げてくれているおかげで、こうやって7D2として活動できてるのかなって思いました。

――さっきは熊崎さんから見た7D2を話してもらいましたけど、菅原さんから見た6期生というのはどういう存在なんですか?

菅原:7D2が学校の“クラス”だとしたら、6期生は“部活動”って感じです。普段はバラバラだけど、みんなで1つのことをやるとなったら、結束して、集中するっていうのが6期生の良いところだと思います。

ちゃんと気持ちが1つになってるというか、7D2も気持ちは1つではあるけど、多少の差があったりもするんです。けど、6期生は1つのことに同じ思いを持って向かっているので、そういうところがすごいな、憧れるなって思います。