先月8月16日に行われた、テレビ東京系バラエティ番組「あちこちオードリー」のオンラインライブではリアルタイムでは6万枚、アーカイブを含めると8万枚のチケットを売り上げた。同イベントの購入者には、「トーク内容を外部に漏らさない」「SNSに具体的な内容を投稿しない」などといった条件が求められた。こういった口外禁止の有料ライブイベントは、南海キャンディーズの山里亮太やカンニング竹山なども行っており、軒並み高い人気を誇る。有料に加えて「口外禁止」という制限がありながらも支持される理由には、その場でしか聞けない“レア感”や、出演者と観客の“共犯関係”があるのではないか。SNSの浸透などにより、炎上リスクが大きくなっている昨今、一見すると時代と逆行する「“非”拡散」イベントは、コアなファンのオアシスと化している。

■時代と逆行する“拡散させない”ルール、しかし10年続く人気イベントに

先月にライブ動画配信サービス「PIA LIVE STREAM」で配信されたオンラインライブ「あちこちオードリー 真夏のオンラインライブ 〜心のお札はがし祭〜」では、MCを務めるオードリー、ゲストのハライチが“心のお札をはがす”ことをテーマに本音トークを繰り広げた。前述の通り口外禁止の条件がありながらも、2,000円(グッズ付きは2,500円)する配信チケットは合計8万に枚超えと、飛ぶように売れた。

また、昨年行われた、パンサー・向井慧をゲストに迎えたオンラインライブ「祝!あちこちオードリー開店1周年パーティー〜春日の店、今夜は完全予約制ですよ!〜」でも、向井が日々の反省を書き記したノートの内容などが大きな反響を呼び、アーカイブも含めると約4万2千人の視聴者数を記録した。

こうした「SNSに投稿しない、ネタバレしない」といったある種の“秘密保持契約”を前提としたイベントは、オンライン・リアル問わずいくつも存在する。

吉本興業が発表した「上半期エンタメオンラインイベント販売枚数ランキング」によると、第1位は、山里と若林によるイベント「明日のたりないふたり」だった。同イベントは、吉本公式の配信プラットフォーム「FANY Online Ticket」のみで約2万3千枚の販売枚数をマーク。 なお、Huluなど、その他プラットフォームでの販売枚数を合計すると、実に約5万5千枚にまで達した。こちらのライブにも“SNS等でのネタバレは厳禁”のルールが課されていた。

また、山里は「たりないふたり」のほか、口外禁止のリアルイベントとして「140」を行っている。「140」は、Twitterの140字ではつぶやききれない日々の思いなど、“溜まりに溜まった言いたいこと”を届けるライブとして2011年にスタート。開始以来、着実に開催地域を広げ、現在では全国ツアーと化している。また、カンニング竹山の単独ライブ「放送禁止」も、5年目を境にチケットが即完売するほどの人気ぶり。2020年には配信ライブを行い、3000枚限定でチケットが発売された。

来場者・視聴者に「ライブであったことを一切口外しない」「ネットに書き込まない」などの条件を課すことは、 プロモーションのためには「いかに“拡散”させるか」が重要となっている時代の流れと逆行しているとも取れる。にもかかわらず、規約を遵守するコアなファンに支えられ、何年も継続開催する人気イベントになっているのだ。

■“秘密性”が担保されたオンラインサロン、人気芸人も続々参戦

こうした“秘密性”が担保された著名人による発信の場としては、近年だとオンラインサロンが注目を集めている。日本でもっとも有名なオンラインサロン運営者の一人といえば、キングコング・西野亮廣だろう。

西野のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」では、西野の日頃の気づきや企画案などが、非公開のFacebookグループにほぼ毎日投稿される。さらに西野が個展やイベントを仕掛ける際には、手伝ってくれるスタッフをサロン内で募集しており、PV制作などといいったクリエイティブワークに携わることもできる。このほか、サロン限定Twitterや、プロジェクトのミーティングや勉強会といったオンラインサロンメンバーの分科会など、メンバー同士の交流も盛んに行われている。

また、お笑い芸人のオンラインサロンでいうと、オリエンタルラジオ・中田敦彦の「PROGRESS」も有名だ。YouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」収録のZoom観覧や中田の毎日生配信「ホームルーム(朝の会)」に加え、メンバー Zoom交流会 &会員専用Twitterでの交流を実施するという「サロンメンバー限定のコンテンツ」と「サロンメンバー同士の交流」の2軸で構成されている。その他、藤森慎吾、ニューヨーク、鬼越トマホークなどもオンラインサロンを展開している。

オンラインサロン会員のほとんどは、毎月定額を払ってでもその芸人のコンテンツを楽しみたいと考える、熱心なファンだ。情報が外に漏れるリスクは極めて低い。そのため、自身のオンラインサロンを持つ芸人は今後も増えていくのではないか。

こうしたムーブメントは芸人界隈だけにとどまらず、国内最大級のオンラインサロンプラットフォーム「DMMオンラインサロン」は、2016年度に有料会員1万人弱だったが、2020年度には9万人を超える規模に急成長を遂げている。このように、クローズドなコミュニティへの需要は年々高まっているのだ。

また、動画・生放送・ブログなどを配信できるプラットフォーム「ニコニコチャンネル」においても、有料会員数は2020年9月末には120万人を突破するなど、年々会員数が増加している。このように、「有料会員だけが見られるコンテンツ」の需要が高まっていることがわかる。

■有料化で「アンチの排除」&“口外禁止”ルールで「共犯関係の構築」、熱心なファンが集まる背景

これまで芸能人が「テレビで言えない本音を話す場」といえば、深夜のラジオだった。たとえば、「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)では、2000年前半ぐらいまでは「〇〇に挨拶したけど、無視された」など、タレントを実名で挙げる暴露トークもよく繰り広げられていた。しかし今は、ラジオでの迂闊な一言が即座にネットニュースやSNSで周知され、炎上につながる時代だ。こうした背景もあって、ラジオにおいて、かつてのような“秘密基地感”は、年々薄れつつある。

ラジオのほかにも、無料で見聞きできるテレビ、YouTubeは、熱心なファン以外も目にすることができる。つまり、そのタレントのアンチや叩きたいだけの人の目に留まる可能性があるため、結果として炎上につながるリスクを避け、話す内容に制限がかかる。

しかし、有料という縛りを設けると、わざわざアンチは金を出してまで見に来ない。若林が「口外しないで、喋らないでくださいって言ったら、みんな守ってくださっていて。口堅い(リアルタイム視聴者の)6万人ってすごい」と言ったり、山里のイベント「140」が10年も続いたりしているのは、内容を暴露して炎上させることを目的とした観客がいない何よりの証拠だ。そして、「口外しない」「SNSで漏らさない」などの縛りもつくることで、「観客側がルールを守り、出演者も観客を信頼してディープなことまで話す」という、一つの“共犯関係”ができあがっていると言える。

趣味が多様化している現在だからこそ、限られた熱量のあるファンを囲うことは重要だ。そして熱心なファンが、オープンなメディアでは決して語られない刺激的な話が披露される場である口外禁止のライブイベントや、人気タレントの本音を日常的にキャッチできる秘密基地感のあるオンラインサロンに集まるのは当然だろう。そのため今後も、こういったイベントやオンラインサロンはさらに密室性を高め、ファンビジネスとしての色合いを強めていくのではないだろうか。

文=こじへい