闘病生活を送っていたアントニオ猪木氏が8月28日、自身の公式YouTubeチャンネル「最後の闘魂」に公開した動画で、退院を報告した。

猪木氏は腰の治療のため、今年1月から入院しており、定期的にYouTubeでリハビリの模様などを公開。一時快方に向かっていたものの、6月12日公開の動画では「腸が剥がれちゃったみたいで、また再入院してます」と伝えた。ベッドに横たわりながら力なく話すその姿に、ファンからは心配の声が上がっていた。

しかし、8月28日に「元気ですかー!!!『元気ですか!』もね元気が出てきましたよ。|妻の3回忌|アントニオ猪木「最後の闘魂」チャンネル」と題した動画で、猪木氏は「元気が出てきましたよ」と報告。「私も病院を出たり入ったりしてましたけど、病院から一時退院じゃなくて一応、様子を見ながらということで今、自宅のほうに戻ったところで。本当に久しぶりの、天井ばっかり見てたのがね、皆さんともちょっとだけでもお話ができるっていうのは、本当にうれしいです」と説明した。

さらに「私も一歩前進、二歩前進ということでね。皆さんの思いを共有できるように、私も身体をしっかりと治して、まずは心と身体のバランスが崩れちゃっているので、頭の中では『これはできる』って思いながら、実際には身体が動かなかったりとか。でも徐々にリハビリをやり元気になってきています。早くコロナも終われば、またみんな寄って大きな声で…」と続け、恒例の「いくぞー!元気ですかー!1、2、3、ダー!」と締めくくった。

コメント欄では「信じられない回復力。顔色といい声量といい素晴らしい」「ここ最近で一番勇気づけられました!」「やっぱり猪木さんに不可能なんてなかった」などの声が寄せられている。