お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史と原西孝幸が8月28日、公式YouTubeチャンネル「FUJIWARA超合キーン」で生配信を実施。藤本が号泣したことでも話題になった「アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会」の裏側を語った。

「第1回生配信〜原西、お前も泣いてたやん〜」と題して行った生配信で原西は、「アメトーーク 特別編」を振り返り、「めちゃくちゃ泣いてたもんな」と藤本をいじった。すると藤本は、同番組を手掛ける加地倫三氏から事前に呼び出され、雨上がり決死隊解散の事実を告げられた時のことを回想し、「お前も泣いてたやん」と暴露した。

原西が「先に泣いたのは俺やわ。感極まってもうて。『え!?』ってなって」と認めると、藤本は「聞いた時に原西、こうなったから」とうつ伏せのポーズをして見せた。

また、本番では「湿っぽくなりすぎないように」とプロデューサーから釘を刺されたというFUJIWARA。しかし藤本は、番組のラストで雨上がりへのメッセージを告げる際、感極まってしまった。

この時のことについて、藤本は「空気重たくしてもうたなと思ったのよ。ほんで俺は、『お願いします。東野さん。なんとかしてください』って」と述べた。原西が「何とかしてくれたからな、実際、すごいよな」と話すと、藤本は「『俺、ケツあんねん』みたいな。もう、ありがとうございますやね。ほんまに」と、東野に感謝していた。