古川雄輝、岡崎紗絵が、10月2日(土)スタートの桜井日奈子主演ドラマ「ごほうびごはん」(毎週土曜深夜0:00ー0:30ほか、BSテレ東ほか)に出演することが分かった。本作は、こもとも子の同名漫画が原作。文房具メーカーに勤める社会人1年目の池田咲子(桜井)が、仕事を頑張った自分へのごほうびに、おいしいグルメを堪能する姿を描く。

古川は、一見クールだが、地元の名古屋グルメには人一倍熱くなる、商品企画部のエース・磯貝誠役を演じる。「食べ物系のドラマは初めてですが、皆さまがこの作品を見て、癒やされ、幸せな気持ちになるドラマにしたいです。また、ドラマで出てくる食べ物も主役の一人であり、撮影中にどんなごほうびごはんに出会えるかも楽しみにしています」とコメント。

そして岡崎は、咲子の同期で、新社会人ならではの仕事の悩みや喜び、そして“ごほうびごはん”を一緒に分かち合う小湊かえで役に扮する。撮影について「グルメカットがとにかくおいしそうでびっくりでした。見ているだけで食欲をそそります。 毎回おいしいものが出てくるので、私自身とてもうれしく、素でリアクションしています。おいしく食べるために、朝食、昼食は調整しながら撮影に臨んでいます」と話した。

金澤友也監督は、「このドラマは一人ごはんだけでなく、咲子が誰かと一緒にごはんを食べることで、その人を笑顔にし、仲良くなっていくというのも魅力の一つです。食事シーンの桜井さんの食べっぷりやおいしそうな表情は本当に幸せそうで、見ていると自然と笑顔になってしまいます」と見どころを語った。

さらに、「古川さん演じる磯貝も、普段はクールなキャラクターなのですが、咲子のおいしそうな顔によって、次第にその表情が変化していきます。ゆっくりと進展する二人の関係にご注目ください!また、かえで役を演じる岡崎さんは、撮影初日から桜井さんと息がピッタリで、想像を大きく超える面白いシーンができました。二人が繰り広げるリアルでキュートなガールズトークもこのドラマの見どころです」とアピールした。