GENERATIONS from EXILE TRIBEのレギュラー番組「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の8月29日放送回では、GENERATIONSのメンバーたちが、武蔵野市と三鷹市周辺を放送エリアとするコミュニティ放送局むさしのFMの、一般の方がラジオ番組を作ることができる15分間の放送枠を使って、ラジオ番組をセルフプロデュースし、誰がNo.1ラジオDJなのかを決める「ラジオDJ科後編」を行った。

■「ラジオDJ科後編」

後編では、小森隼、数原龍友、中務裕太の3名がラジオDJに挑戦した。

FMラジオのパーソナリティを務める小森は、「自分が持っている引き出しで、ファミリー層に向けた番組にします!」と意気込み、「みなさまのお時間、僕に少しください!」と称したラジオ番組を披露する。そして、タイトルコールから番組名の説明までスムーズに進行していくが、そんな小森の進行に疑問を抱いた白濱亜嵐は、「なんか、ちょっと流暢すぎて、『こいつだけ、原稿あるんじゃないの?』って思っちゃうよね(笑)」とコメントし、メンバーたちの笑いを誘う。

しかし、疑問の目を向けられてしまうほど、完璧な進行を見せる小森が、自己紹介に入ったところで、ラジオを聴いているであろうリスナーに向け、「いつもありがとうございます!」「いつも見てます。お疲れ様です」など、ねぎらいの言葉を連発すると、これを聞いていた片寄涼太は思わず「ラジオって、こんな媚びるものなの…?」とツッコむ。そして、乗っかった白濱も「けっこう媚び尺、長いよね(笑)」と同調すると、スタジオでは笑いが巻き起こった。

しかし、そんな小森が「僕からみなさんに、何か少しでも有益な情報を提供したい」と告げながら、昼の情報番組でレギュラーを務めていることに触れ、そこで学んだ“料理”に関する知識を披露すると、ほかのメンバーたちは「すごい!」とほめたたえ、さらに、季節感を重視したレシピを簡潔に説明し、最後の曲フリまでみごと時間内に納めてみせると、白濱は「完璧にラジオだった…」と感嘆の声を上げていた。

その後も、数原が架空のリスナーからのお便りを紹介するなど、実際にありそうな内容で作り上げたラジオ番組を披露し、メンバーたちを感心させると、その一方で、最後に挑戦することになった中務は、みるみる緊張の面持ちになり、そんな中務に対し、佐野玲於が「でも、だいぶ裕太くん、人間らしくなったでしょ?」と助け船を出すと、GENERATIONSのラジオ番組では、きちんとしゃべれるようになったとコメントした中務が、恋愛トークまで披露していると明かし、「恋愛リアリティーショーにハマってますみたいな。『今日、好きになりました。』とか、めっちゃおもしろい!」と告白し、メンバーたちを驚かせる。

しかし、これを聞いた小森が、自身がレギュラーを務める「恋愛ドラマな恋がしたい」を引きあいに出しながら、「そこ、『ドラ恋』って言ってくれよ!俺、やってるんだから!」と猛抗議すると、現場では、この日、いちばんの笑いが巻き起こった。

■「本性あぶり出し診断」

8月8日に、タレントで占い師の島田秀平をゲストに迎えて放送した、サイコパス診断科の続編「本性あぶり出し診断」では、結成10年目を迎えたメンバーたちが、「1.100m走を全力疾走しているのは?、2.吊り橋を渡っているのは?、3.薬局で薬を買っているのは?、4.カラオケのカウンターにいるのは?」という4つの質問から、「本当はメンバーのことをどう思っているのか」がわかってしまう心理テストに挑戦した。

そのなかで2番の吊り橋問題では、自分が女性だったら、つきあいたいと思っているメンバーが明らかになる。そこで、おたがいの名前を記入した白濱と中務が、みごとカップル成立となると、メンバーたちは大いに盛りあがった。そして、中務が「書き直していいですか?」とあわてるなか、白濱が「でも、裕太くんとふたりきりで番組に出ると、ドキドキします(笑)」とコメントすると、スタジオではたちまち笑いが巻き起こった。

また、4番のカラオケ問題では、実はいらないと思っているメンバーが明らかになる。まさかの問題に、メンバーたちがあわてふためくなか、数原は、自分の名前を書いた片寄に、「どういうことやねん!そういうふうに思っとったんか!」とツッコむと、一方の片寄は「これはひどいね(笑)。でも、そんなことないですよ!」と弁解し、スタジオに笑いを誘っていた。