2018年に「2019ミス・ティーン・ジャパン」のグランプリを受賞、以降、「名古屋行き最終列車2019」の“留学編”(メ〜テレ19年3月放送)や「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系 19年4月〜7月放送)、「真夏の少年〜19452020」(テレビ朝日系 20年7月〜9月放送)などのテレビドラマ、「TGC静岡2019」をはじめとするコレクションなどで活躍する宮部のぞみ(18)。女優・モデルとしてさらなる活躍が期待される中、9月1日(水)から全国一斉放送される「全国石油商業組合連合会(全石連)」の新CMへの出演が決定した。本格的なインタビュー取材自体初めてという初々しい宮部に、これまでの活動を振り返ってもらいつつ、新CMの撮影時のエピソード、今後の目標などを聞いた。

――WEBザテレビジョン初登場ということで、プロフィール的なことから聞かせてもらいます。このお仕事をされるきっかけとなった「2019ミス・ティーン・ジャパン」からちょうど3年ですね。

はい、今でもその時のことははっきりと覚えています。5歳くらいから、母が読んでいた雑誌やテレビに出ているモデルさんたちに憧れていて、芸能界のお仕事に興味を持っていました。特に蛯原友里さんに憧れていました。

――芸能界に入ることを家族の方は?

最初は家族の中で母だけが応援してくれていて、母の知り合いの方が「『ミス・ティーン・ジャパン』っていうコンテストがあるよ」って教えてくださったんです。グランプリを獲ってからは家族みんなが応援してくれています。

――人前に出たりするのは小さい頃から好きだったり、得意だったりしたんですか?

人前に出たいという気持ちはあったんですけど、すごく緊張するタイプなので、人前に出ることはあまり得意ではありませんでした。コンテストの時も緊張しすぎて、舞台裏で過呼吸気味になって、深呼吸したりして緊張をほぐしていました(笑)。緊張していて、あまりいろんなことを考えられなかったりしたんですけど、そういう状態の中でも自分なりに堂々と表現出来たことが評価されたのかなって思います。

――コンテストでは特技としてトランペットを披露、他にもピアノやウクレレが出来るそうですが、音楽や楽器にも興味が?

はい、楽器や音楽も好きです。ピアニストになりたいという願望はなかったんですけど、上手になりたいなとは思っていました。ピアノは実家に帰った時に弾きます。トランペットは最近また吹いています。音を消して、自分だけが聴こえるようにできる機械があるんですよ。ウクレレはよく弾いていますね。高度な技術はないんですけど、弾き語りを中心に練習しています。

――ここからは、デビューしてからの活動を振り返っていこうと思います。最初に出演したドラマは「名古屋行き最終列車2019」。

はい。愛知県出身なので、地元を舞台にしたドラマに出られてすごくうれしかったです。初めての撮影ですごく緊張していて、出番の直前までロケバスの中で台本を繰り返し読んでいました。現場はすごく寒くて、体中にカイロを貼って頑張りました(笑)。

――放送されたドラマを観て、自分の演技はどうでしたか?

それまで演技をやったことがなかったので、申し訳ないくらい出来ていなくて、悔しい気持ちになりました。もっと頑張ろう!って。

――その後、連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(2019年)に“長浜むぎ”役で出演。

連ドラに出られることがすごくうれしかったんですけど、同時に、「自分がこの作品に出られるの!?」って不思議な気持ちにもなりました。私が演じた“長浜むぎ”は真面目な女の子で、私自身は静かなほうですが、また違うタイプなので、クラスにいた真面目な子を思い出して、演じる時の参考にさせてもらいました。メインで出るようなシーンはなかったんですけど、共演者の方の演技を見て、たくさん学べた撮影でした。

――周りの反響も大きかったんじゃないですか?

はい、学校の友達が、SNSに「同級生の宮部がドラマに出ている!」って投稿してくれて(笑)。

――去年の夏は「真夏の少年〜19452020」に“岩城孝子”役で出演されましたね。

私、普段学校ではみんなで集まってワイワイするタイプじゃないんです。でも、演じた役は女子高生らしい女子高生というか、流行りのタピオカを飲んだり、オシャレしたり、3人の仲良しグループがあったんですけど、うるさいぐらい騒いでいるキャラだったので、撮影中はテンション高めで頑張りました(笑)。ドラマを観た友達に「いつもと違うメイクしていたね」とか「のぞみだと気づかなかったよ」って言われましたね。そういう感想を聞いて、“ちゃんと役になりきれていたのかな”ってうれしかったです。

――学園ものの学生役が続きましたが、今後やってみたい役は?

家族の話がメインの作品に出てみたいです。私は、妹と弟がいる3人姉弟の長女なので、(反対に)末っ子の役とかをやってみたいなって。

――女優業のほかに、モデルとして「TGC北九州2019」(2019年)など多くコレクションに出演されていますね。

蛯原友里さんが芸能界に憧れたきっかけだったので、モデルのお仕事にすごく興味があって、出演できてうれしかったです。最初に出たのが中学3年生の1月(TGC静岡2019)だったんですけど、その時はステージ裏で気持ち悪くなるくらい緊張しました(笑)。でも、その後もいろんなコレクションに出演させていただいて、ランウェイで観てくださる方に手を振ったり、自分も楽しめるようになってきたので、“楽しいなぁ!”って思えるようになりました。

――ファッションにも以前から興味があったんですか?

はい、小学生の頃から、小学生向けの雑誌を読んでいました。ファッション誌の専属モデルになるというのも、お仕事での目標の一つです。事務所の先輩のトラウデン直美さんが「CanCam」の専属モデルをされていて、コレクションでお会いした時もステージ裏ですごく優しくしてくださり、尊敬しています。私も専属モデルになれるように頑張りたいなって思っています。

――他に、今目標にしているモデル、女優の方はいますか?

女優としてもモデルとしてもですけど、小松菜奈さんです。ミステリアスな雰囲気が気になっちゃいますし、憧れますね。出演されている作品だと映画「溺れるナイフ」が好きです。

――宮部さん自身のファッションの好みに変化はありましたか?

そうですね。小学生の頃はフリフリのスカートだったり、大きなリボンを付けたりして、派手な服が好きで、中学生の時も柄物とかを好んで着ていたんですけど、高校3年生の今は上品さのある大人っぽく見える服が好きです。

――そしてCMですが、過去にソフトバンクのCMにも出演されたことがありますが、9月1日(水)から新しいCMが始まりますね。

はい、「全国石油商業組合連合会」の新CMに出演させていただきます。メインで出られる作品は初めてだったので、すごく責任があるなって思いましたし、撮影の時は緊張しました。

――どんな気持ちで撮影に臨みましたか?

観ている方に語りかけるCMなので、どうしたら伝わるかな?というのを自分なりに考えて撮影に挑みました。撮影当日、風が強かったんですけど、すごくいい天気で、空の色がキレイすぎて合成っぽく見えてしまうくらいでした(笑)。ガソリンスタンドでの撮影だったので、車の通りも多く、撮り終えた後に自分のセリフを改めて録り直しました。自分で自分のアフレコをするのももちろん初めてですし、自分の口の動きに合わせるのもすごく難しかったので、声優さんって本当にすごいんだなって(笑)。バラエティー番組やドラマの合間にCMが放送されますので、その少しの時間の中でも観た人が気になってしまうような話し方だったり、明るい雰囲気を出すようにしているので、ぜひチェックしてください。

――では、次にプライベートで今やっていること、今後やってみたいことを教えてください。

最近、刺繍を始めました。SNSでTシャツに刺繍をしている動画を見かけて、“刺繍ってかわいいな”って思ったのがきっかけ。刺繍の針が太くて布に刺さりづらいので、指に刺しちゃったりしていますけど、楽しいです。今後やってみたいことは、コロナ禍が開けたらいろんな国に行ってみたいです。一番行きたいところはフランスのパリ。ファッションの街ですし、オシャレの勉強が出来て、自分の仕事にも生かせるのかなって。

――好きな男性のタイプは? NGのタイプなどもあれば。

NGなのは、店員さんとかに上から目線で対応する方ですね。好きなタイプは、外見は身長とかはそんなに気にしないんですけど、自分よりちょっと強そうに見える方が好きです。守ってくれそうな頼りがいのある方がいいですね。

――理想のデートプランも聞かせてください。

高校生なので、高校生のうちにしか出来ない“制服デート”ですね。海に行ったり、ディズニーランドにいったり。そういうのが理想です(笑)。

――最後に、WEBザテレビジョンの読者に向けてメッセージをお願いします。

はい。女優のお仕事もモデルのお仕事もいろいろ頑張っていこうと思っています。9月1日(水)から放送が始まる「全国石油商業組合連合会」の新CMにも注目してください。今回のCM出演を機にInstagramを始めました。そこから情報も発信していきますので、フォローしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。
(取材・文=田中隆信)