爆笑問題がMCを務める、お笑いコンテスト「ツギクル芸人グランプリ2021」(昼3:30-5:30、フジテレビ)が9月18日(土)に放送。決勝へ進出する15組が明らかになった。

「ツギクル芸人グランプリ」は、漫才・ピン芸・コントなどジャンルを問わず、今後の芸能界を担うであろう“次世代のスター芸人”、すなわち「ツギクル芸人」を発掘するために日本音楽事業者協会とフジテレビがタッグを組んで開催する、年に一度のお笑いコンテスト。今回の開催で2回目となる。

決勝進出者を決める予選大会に出場したのは、テレビにほぼ出演したことのない若手から中堅実力派まで、約2,000組以上の芸人の中から、各芸能プロダクションが「次世代のスター芸人だ!」と社を挙げて厳選した72組の芸人。

審査は、人気バラエティー番組を手掛けるクリエーターたちがネタVTR を「発想・構成・キャラクター・表現力・倫理観」の5項目を5段階で評価。さらに、今回から「GYAO!」にて、ネタVTRを一斉配信し、その再生回数を“一般視聴者の審査点”として得点化し、予選審査得点に加点される。そして、視聴者と番組制作者、多様な視点で選び抜かれた15組が決勝進出を決めた。

決勝には、2大会連続決勝進出となるや団、2021年の「おもしろ荘」で優勝したダイヤモンド、「キングオブコント2021」の準決勝進出を決めているトンツカタンが出場する。そして、結成わずか1年で決勝進出を決めたのは「お笑いABEMA CUP 2021〜ワタナベNo.1 決定戦」で優勝したゼンモンキー。一方「お笑いABEMA CUP 2021〜ワタナベNo.1 決定戦」の決勝で、ゼンモンキーの前で悔し涙を流した金の国はリベンジに燃える。

さらに、決勝進出者の中で唯一の男女漫才コンビ・ポンループ、男性2名、女性1名という構成のトリオ・モシモシの他、Yes!アキト、サスペンダーズ、キュウら、15組の芸人たちが出場し、笑いの才能をぶつけ合う。

「ツギクル芸人グランプリ」は、審査員として民放各局(在京キー局5局)の人気番組を手掛ける“現役売れっ子クリエーター”たちが参加する。現場で番組制作に携わるプロたちの厳しい目で審査が行われ、「明日から使いたい!」といった本音が垣間見える賞レースとなっている。そして、出場芸人たちは「大きな仕事が舞い込むかもしれない!」と人生を懸けて挑む。

■決勝進出者15組

Yes!アキト
キュウ
9番街レトロ
金の国
サスペンダーズ
ゼンモンキー
ダイヤモンド
ダニエルズ
トンツカタン
ポンループ
マッハスピード豪速球
ママタルト
モシモシ
や団
4000年に一度咲く金指