松井玲奈が映画単独初主演を務める「幕が下りたら会いましょう」の本ビジュアルと予告編が解禁され、11月26日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国公開されることが分かった。

松井が演じるのは実家の美容室を手伝いつつ、鳴かず飛ばずの「劇団50%」を主宰している主人公・麻奈美。麻奈美の妹・尚を筧美和子が、麻奈美の母・京子をしゅはまはるみが演じ、日高七海や江野沢愛美、木口健太、目次立樹、大塚萌香、丘みどり、袴田吉彦などのキャスト陣が脇を固める。

監督は元役者で現在は会社員としても働いており、「MOOSIC LAB 2018」で発表した短編「いつか輝いていた彼女は」で高い評価を得た前田聖来が務める。なお、同作が前田監督初の商業映画作品となる。撮影には春木康輔、共同脚本に大野大輔、音楽にはインストバンド・あらかじめ決められた恋人たちへの池永正二、書き下ろし主題歌はJam Flavorが担当する。

■映画「幕が下りたら会いましょう」あらすじ

実家の美容室を手伝いつつ、鳴かず飛ばずな劇団「劇団50%」を主宰していた演出家の卵の斎藤麻奈美(松井玲奈)のもとに、東京で働いていた妹・尚(筧美和子)が死亡したという知らせが入る。ある日、麻奈美が劇団員の結婚祝いで集まってばか騒ぎをしていた夜、尚は資材置場で亡くなっていた。

離婚して家を離れていた父・慎二は、尚の葬儀に来てはいたものの香典だけを置いてすぐに帰ってしまう。父親として無責任すぎる慎二に憤る親戚たちは麻奈美と尚が腹違いの姉妹である秘密を暴露してしまい、真実を知った麻奈美は母・京子(しゅはまはるみ)とけんかになり、家を飛び出してしまう。

麻奈美は遺品整理のため、高校からの仲で劇団の主演女優である早苗(日高七海)とともに、尚が住んでいた東京のアパートを訪ねるが、なんとそこはゴミ屋敷。尚は家族と疎遠になり東京で一人孤独に生きていたのだ。そこへ尚の同僚・ほのか(江野沢愛美)が訪ねて来て、尚の死は上司のアルコール・ハラスメントが原因だと聞かされる。ほのかとともに尚の勤務先を訪ねた麻奈美。部長の権田(袴田吉彦)が、ほのかに強要した日本酒を代わりに飲んだために尚が死んだということを知るが、権田は責任を認めようとせず、話は物別れに。

そんな中、麻奈美はほのかを支援していた反パワハラ・セクハラのNPO代表・新山(木口健太)と知り合い、新山も演劇経験者だったことで意気投合。新山は麻奈美がかつて学生演劇コンクール最優秀作品を受賞した戯曲「ブドウ畑のアンナ・カレーニナ」を上演することを提案する。

才能のある妹への嫉妬や妹の作品を盗作したことへの罪悪感。家族を捨てた父親への嫌悪感など、様々な感情を持て余し自分と向き合う事から逃げてきた麻奈美が、妹の死をきっかけに自分を見つめ直し、自分だけの人生の幕を上げる。