「テニスの王子様」シリーズ劇場版最新作で、9月3日(金)に公開される映画「リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」。公開を記念して、ミュージカル「テニスの王子様」の歴代&現・越前リョーマ役キャスト8名と原作者・許斐剛が登壇する第2弾舞台あいさつの開催が決定した。

同作品は1999年より『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載がスタートした漫画「テニスの王子様」を原作とした劇場版最新作で、「テニスの王子様」シリーズ初の3DCG劇場アニメーションとなる。

第2弾舞台あいさつに登壇するのは、ミュージカル「テニスの王子様」現・越前リョーマ役の今牧輝琉のほか、歴代のリョーマ役を務めてきた柳浩太郎、KIMERU、阪本奨悟、高橋龍輝、小越勇輝、古田一紀、阿久津仁愛の8名。“テニミュ”リョーマ役キャストが一堂に会するイベントはこれが初となる。

同イベントは全国劇場で同時生中継される。チケット情報の詳細は後日公式ホームページ、及び公式Twitterで発表予定となっている。

■「リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」あらすじ

同作では「テニスの王子様」と「新テニスの王子様」をつなぐ空白の3カ月の間に起きた、誰も知らない物語が描かれる。「テニスの王子様」のラスト、立海大附属中学校との全国大会決勝の死闘を制した3日後、リョーマは更なる高みを目指して武者修行のために単身渡米。しかし、ロサンゼルスに到着早々、家族旅行で来ていた同級生の竜崎桜乃が、ギャングに絡まれている場面に遭遇する。

桜乃を助けようと放ったボールがきっかけで、リョーマと桜乃はタイムスリップしてしまう。たどり着いたのは、リョーマの父・越前南次郎が引退に追い込まれた全米オープン決勝の数日前。父の引退の理由を知るため、リョーマたちは若き南次郎と行動を共にする。

“サムライ南次郎”と呼ばれ、最強を誇った現役時代のプレイを目の当たりにし、胸をおどらせるリョーマ。だがその時、桜乃が何者かに連れ去られてしまう。

救出に向かうリョーマだったが、そこに規格外の強力な敵が現れ、し烈なバトルに発展する。しかし、この事件は南次郎の引退に深く関わっていたのだった。