9月2日(木)放送の「緊急取調室」(夜9:15-10:09、テレビ朝日系)第7話に、板谷由夏がゲスト出演。板谷は自身初となる一人二役に挑戦する。

同ドラマは、天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げるヒューマンサスペンス。

今回の出演に「チャレンジングな役をいただけたことに、女優として心が躍りました」と語る板谷が、殺人事件の鍵を握る「優秀だが傲岸(ごうがん)不遜な人気霊能力者」と「愚鈍な双子の妹」を演じ、主人公・有希子と視聴者を徹底的に翻弄する。

■板谷由夏が主演・天海祐希と壮絶な芝居合戦を展開

第7話では、「失踪した医師の霊から助けを求められた」と人気霊能力者・貴船馨(板谷)が警視庁を訪れた直後、失踪中の美容外科医・小林(黄川田雅哉)のバッグが郊外で見つかってしまう。

双子の妹・渚(板谷・二役)に説得され、捜査協力に応じる馨。ところが、霊能力に疑心暗鬼な有希子を前に、馨は戦闘モードへ突入。霊能力を駆使して有希子の心をかき乱し、さらには小林の遺体も自ら発見してみせる。

馨は“本物の霊能力者”なのか、それとも“ただのうそつき女”なのか。全ての真相を明らかにするため、“大胆不敵な作戦”に出る有希子。天海祐希VS.板谷由夏の“壮絶な芝居合戦”が繰り広げられる。

天海に対して「真っすぐで、曇りなく真っ白な方」と、好印象を持ったという板谷だが、役の上では真っ向から対決する間柄。「演じ合い」「出し抜き合い」さらに「感情の揺さぶり合い」が交錯する取り調べシーンとなっている。

さらに、8月26日放送の第6話で、罪なき母子を守るため“漢”を見せるも異動処分となった警視庁捜査一課の刑事・監物大二郎(鈴木浩介)と、“モツナベ”コンビを解消せざるを得なくなった渡辺鉄次(速水もこみち)にも、新たな展開が。

渡辺の新相棒に、つい先日まで警乗警察官だった山上善春(工藤阿須加)が就任し、“ナベ山”コンビを結成することになる。

■板谷由夏(貴船馨/佐久間渚役)コメント

一人二役だと聞いて、「どうしよう。私にできるのか?」という気持ちでいっぱいでした。そんな中、「まずは見た目の区別を」と思い、ヘアメークチームと衣装チームに力をお借りし、それぞれの役を作っていきました。チャレンジングな役をいただけたことに、女優として心が躍りました。

天海祐希さんは真っすぐで、曇りなく真っ白な方という印象です。天海さんと対峙する取り調べシーンでは、ずっとヒリヒリしてました(笑)。取調室であんなにたんかを切ったのは初めての経験かもしれません(笑)。役としては動揺を見せられないので、隠し通せるかが勝負だったように思います。

視聴者の皆さんにも「緊急取調室」第7話を楽しんでいただけると、うれしいです、本当に。よろしくお願いします。

■「緊急取調室」第7話(9月2日放送)あらすじ

国土交通副大臣・宮越肇(大谷亮平)の汚職疑惑を糾弾すると宣言し、ハイジャック事件を起こした大國塔子(桃井かおり)。逮捕されて以来、黙秘を続けていた彼女が、ついに裁判で重い口を開いた。その証言内容に世間は騒然。

かつて塔子を取り調べた真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーも、ニュースで報じられた塔子の言動に目を見張る。

そんな折、警視庁捜査一課に異動し、同課の刑事・渡辺鉄次(速水もこみち)の新相棒となった山上善春(工藤阿須加)は、警視庁を訪ねてきた人気霊能力者・貴船馨(板谷由夏)と出くわす。

「失踪した医師の霊から助けを求められた」という馨を訝しがり、ろくに話も聞かず追い返す山上。

ところがその直後、失踪中の美容外科医・小林英ニ(黄川田雅哉)のバッグが郊外の橋の下で見つかり、捜査本部が立つことに。

捜査に加わった渡辺と山上は、先日の山上の対応に憤慨しているという馨を、双子の妹・佐久間渚(板谷・二役)に説得してもらい、なんとか捜査協力の承諾を得る。

一方、刑事部長・北斗偉(池田成志)から馨の事情聴取を要請されたキントリの面々は、半ばあきれ顔。馨が誇る透視能力などはなから信じていない有希子は、非科学的な情報に頼る捜査に反感を示しながらも、聴取に取りかかる。

ところが、馨は懐疑的な有希子の本心を見破ったばかりか、私生活までもズバリ言い当て、有希子を徹底的に翻弄。

さらに、世間に向かって「自分の足で小林さんを探す」と宣言したかと思うと、本当に小林の遺体を発見してしまう。

馨は“本物の霊能力者”なのか、それとも“ただのうそつき女”なのか。有希子は全ての真相を明らかにするため、“大胆不敵な作戦”に出る。