映画「ムーンライト・シャドウ」(9月10日[金]公開)の完成報告会見が9月1日に東京都内で行われ、出演者の小松菜奈、宮沢氷魚、佐藤緋美、中原ナナ、原作者の吉本ばななが登壇。さらに、エドモンド・ヨウ監督がリモートで登場した。

同作は、吉本の原点ともいえる同名小説を映画化したもの。ある日、突然に愛する人を亡くした主人公・さつき(小松)が、死者ともう一度会えるかもしれないという不思議な「月影現象」を知り、悲しみをどう乗り越えるか、どうやって未来へ進んでいくのかを描く名作ラブストーリー。

会見では、登壇者たちが作品の内容にちなんで「忘れられない出会い」について告白した。

小松は「友達の友達が地方で古着屋さんをやっているというのを聞いていて、ある時、お仕事でその地方に行くことがあったんです。でも、詳しい場所も知らないし、どんな人かも知らない状態だったのですが、ふと入った古着屋で会った人にピンと来て、聞いたら友達の友達だったんです! こんな引き合わせってあるんだなって驚きました」とコメント。

また、宮沢は異様な空気をまとった大鶴佐助との初めての出会い、佐藤は愛犬との出会い、中原は今作で出会ったキャストとスタッフへの感謝をそれぞれ明かした。

そんな中、吉本は「私の『忘れられない出会い』は自分の子どもを生んだ時です。おなかにいる時って、超音波で見られても顔は見えないじゃないですか。それで、『何か組み合わせの妙で、すごく苦手な顔の人物が出てきたらどうしよう』ってずっと思ってたんです。そんな中で、生まれた赤ちゃんを見たらすごく好きな顔だったので、『本当によかったな』と思ったことが一番『忘れられない出会い』です」と語り、会場を沸かせていた。