福本莉子と松田元太(Travis Japan/ジャニーズJr.)が、2022年初春公開の映画「君が落とした青空」でW主演を務める。本作は、2012年に書籍化され発行部数16万部を記録している、櫻いいよの同名小説が原作のタイムリープ・ラブストーリー。

福本が演じるのは、とにかく素直で一生懸命、思わず応援したくなるヒロイン・水野実結。松田は、サッカーが得意な校内の人気者である一方、彼女の実結に対してだけは不器用な篠原修弥に扮する。そして、監督はドラマ「おっさんずラブ」(2018年、テレビ朝日系)などを手掛けたYuki Saitoがメガホンを取る。

■あらすじ
高校生の実結と修弥は、付き合って2年が経つ。“毎月1日は何があっても必ず一緒に映画を見に行く”という約束通り、その日も映画館デートする予定だったが、修弥は急用を理由に突然キャンセルする。最近何かを隠しているような雰囲気だった修弥に、実結はどこか不安を感じていた。

「もう一度話したい」と連絡してきた彼と会うため、気まずい空気の中待ち合わせ場所に向かうと、目の前で修弥が交通事故に遭う。実結は突然の事故にパニックになるが、目が覚めると事故当日の朝に戻っていた。“修弥を助け出す”と心に決めた実結だったが、何度も「同じ日」を繰り返す中で、彼が隠していたある事実を知る。

■福本莉子コメント
私が演じる水野実結は、まっすぐで一生懸命な女の子です。 もしも同じ1日を何度も繰り返すことができるなら、実結の目に映る風景がどんな風に変わっていくのか、変化する心を監督と相談しながら丁寧に表現しました。 この映画を見た後、皆さんが感じる毎日が少しでも違って見えたらうれしいです。

■松田元太コメント
篠原修弥を演じさせていただきました、Travis Japanの松田元太です! オファーをいただいた時は、僕にこんな大役ができるのかとものすごく不安と喜びと、いろんな思いがありましたが、うれしさのあまり速攻メンバーや家族に連絡しました!

修弥は、学校の中では人気者でみんなと仲が良く、恋愛に対してはどこか鈍感なところがありつつも、彼女への愛は真っ直ぐでピュアな男の子です。修弥という1人の男の子を大好きになり、そんな修弥を皆さんにも大好きになってもらい、愛されるキャラクターになればいいなと思います。

この作品を通して1日1日の大切さや、単純な毎日かもしれないけど、さりげないことがどれだけ大切で、当たり前なことなど何一つなく日々感謝して生きていきたいと強く思えた作品です。初めての経験ばかりで未熟な僕ですが、全力でこの作品に想いを込めて出演させていただきました。 どうか温かく見ていただきたいです!よろしくお願いします!

■原作者・櫻いいよコメント
デビュー作が10年後に映画化されることに、映画になるの?え?本当に?と半信半疑のまま、今日まで過ごしていました。今もまだ、喜びや驚きで、ふわふわしています。

Yuki Saito監督や脚本家の鹿目けい子さん、そして福本莉子さん、松田元太さん、その他たくさんの方々のおかげで、原作以上に切なく優しいすてきな物語になっています。この映画を見てくださった方と映画について語りたい!というのが今の私の夢です。 私と一緒に公開を楽しみにしてもらえたらうれしいです。

■監督・Yuki Saitoコメント
原作を読んで、同じ1日は決してやってこず、自分の気持ちや行動次第で変わっていくということを感じました。 受動的だった実結が能動的にアクションすることで、修弥や周りのリアクションも変わっていくという登場人物の心の変化を大切にして描きました。

次世代を担う福本莉子さん、松田元太くんが、何度も全力で走り、寒い時期の撮影で雨に打たれ、お互いを思い合う姿を繰り返す度に、心臓をギューッと掴まれました。当たり前だった日常がなくなってしまった今だからこそ、1日1日、この瞬間を精一杯生きることの大切さを、映画を見て少しでも感じてもらえたらうれしいです。