AKB48メンバー8人が出演する映画「未成仏百物語〜AKB48 異界への灯火寺〜」が9月10日(金)より全国で公開される。公開直前のAKB48出演メンバー4人目は、チーム8香川県代表の行天優莉奈(チーム4兼任)が登場する。

同映画は、ちまたに溢れる不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などを紹介し、最後に成仏させるという怪談エンターテインメント作品。

AKB48の大盛真歩、小栗有以、行天、倉野尾成美、込山榛香、坂口渚沙、鈴木優香、武藤十夢が、それぞれ怪談エピソードを座談会で語り合い、その後供養するドキュメントで、撮影は静岡・函南町にある渓月山 長光寺で行われた。ほか、4人がそれぞれ主演を務めるドラマ、事故物件や心霊スポット訪問などのパートで構成されている。

行天は、都内で最も“最恐”と言われている心霊スポットに、透視リーディングタロットで知られるミセス・ヒロコと共に訪れる。

ホラーが苦手で「おばけ屋敷や怖い話など避けて生きてきた」という行天に、ホラー作品初参加となる今回の映画の撮影について、さらに過去の恐怖体験なども聞いた。

■怖すぎて泣きました

――ホラー作品への出演は初めてですか?

初めてでした。今回、私はロケだったんですが、「ガチの心霊スポットに行って体験」みたいな内容で。私、ホラーはめちゃくちゃ苦手なんです。おばけ屋敷とかも避けてきたし、怖い話も夏になるとテレビで放送するじゃないですか。そういうのも見ないように生きてきたのに、まさかアイドルになって心霊スポットに行くことになるとは思っていなかったので、どうしようと思ってすごく不安でした。

――出演決定を聞いたときの心境は?

「あぁ、そういう系かぁ」とは思ったんですが、前にもいろんなメンバーがホラー作品に出演していたというお話を伺って、そのメンバーに聞いたときに「(次の出演で)行天は?」と言ってくださっていたみたいで。お仕事だし、映画で、初めての体験だけど、「ここは頑張ろう!」と思って頑張りました。

――ロケではだいぶ怖い思いをされていたようですね。

私は霊感がないので(霊とかは)見えないんですよ。怖がっている割には何も感じないし、何も見えないんですけど…。

実は、今回のロケでトンネルに行ったんですが、ミセス・ヒロコさんが私たちより少し後ろにいたんです。次のロケ地に移動する車内で、ちょうど私たちが立っていた辺りに白い、髪が長い30代くらいの女性が立っていたと言って。それが見えていたから近寄らなかったって言うんです。それを聞いて、車の中で「えー!」ってなっちゃって。霊とそんな至近距離にいたんだなと…本当に怖かったです。

ロケで行った所がめちゃくちゃ寒かったんです。寒いというより寒気がするような。その場所から数十メートル移動しただけで気温も全然違って。あの場所だけ空気が違って、そういう体験をしたのも初めてだったので、めちゃくちゃ怖かったです。

家に帰ってからは粗塩で洗いまくりました。粗塩風呂にも入りましたもん、怖すぎて(笑)。

――移動の車内で話してくれたというのは、カメラの回ってない所で?

回ってないです。回ってない所で教えてくださって(笑)。何も感じないけど、「そこにこうでこうでした」って聞いたその事実だけで本当怖くなっちゃって。次のロケでは何があったのか明確に聞いたので、怖すぎて泣きました。「もう無理ー!」って。そこも寒かったですね。聞いた事実と目に見える場所、あとは夜の山の中という雰囲気で泣きました。

――心霊写真も見ていましたね。

最初に見たときは分からなかったんです。よく見ると「いる!」って叫びました(笑)。しかも、見せていただいたのがロケに行く前だったので、怖いじゃないですか。もともと心霊写真とかも見ないようにしてきたから、めちゃめちゃビックリしました。本当に撮れるんだって。「そういう所に行くんですか!?」って(笑)。本当に怖かったです。

■小栗有以の腕につかまるくらい怖かった

――映画ではドラマ、対談、語り、いろいろありました。

ぶっちゃけ私が一番怖かったんじゃないかなって思いましたし、でも他のメンバーの作品も怖かったです。怖すぎて、隣に小栗有以ちゃんがいたんですが、腕につかまって隠れながら見るくらい怖かったです。

(坂口渚沙と鈴木優香の)対談も実際に事故物件に行っていたじゃないですか。それも怖いなって思いました。「ここであったんですよ」って、その場で話されるのは怖いですよね。でも、やっぱり私が一番怖かったです!(笑)

――では、行天さんの作品を除いて一番怖かった作品は?

込山さんの作品です。あれはマジで怖かったです。怖すぎて、絶対に出てくるであろうという場面は、ゆいゆい(小栗)の後ろに隠れて、申し訳ないんですけど見ていないんです(笑)。しかも、だんだんこみ(込山)さん演じる女の子が疲れ果てていくじゃないですか。それもリアルだったし、不気味な音とか、トータルで一番怖かったです。帰宅後に自分の部屋を確認しましたから。やっぱり気にはなっちゃいますね。

――お寺での撮影はいかがでしたか?

夜のお寺で、めちゃくちゃ寒かったんです。寒いのか怖いのか分からない感じで、みんなで震えながら頑張っていました。

唯一の癒やしだったのが猫ちゃんで、そこのお寺の方が猫ちゃん好きらしくて、絵とかいろいろ飾ってあったんですけど、撮影中に猫ちゃんが入ってきちゃったんです。めちゃくちゃ人懐っこくて、それが唯一の癒やし、救いでしたね(笑)。

――実際に体験した怖いことがあれば教えてください。

家族が見たり体験することはよくあって、私は霊感がないので見えないんですけど(笑)。

でもある日、ベッドで寝ていたら廊下でめっちゃ走る音がしたりとか、廊下の電灯のスイッチをカチカチとする音がしたり…。それを家族に話したら「あぁ、それよくあるよね」って言われて(笑)。家族からこんな怖いことがあったとか聞いてはいたんですが、見てはいないけど、初めて音を聞いたので。

しかも、ちょうど丑三つ時くらいだったんです。めちゃくちゃ怖くて、初めての体験すぎて逆に怖すぎて寝ました(笑)。横で家族が寝ていたんですが、耳元でYouTubeの音量を大きくして(怖い音が聞こえないようにして)寝ました。それが初めての体験です。去年のことなんですけど。

■水着グラビアが今年の夏の思い出

――では、怖いことは忘れて今年の夏の思い出は何かありますか?

今年はコロナとかもあって外出を一切してなくて、仕事かスーパーぐらいにしか行ってないんですけど、今年はソロで、初めて水着でのグラビアをやらせていただきました。それが一番の思い出ですかね。

これまでチーム8では水着グラビアはなかったんですけど、最近は何人かやり始めて、ありがたいことにいろいろな媒体で出させていただいて。それが一番うれしかったことかなって。海もプールも行けなかったので、グラビアで水着を着て、夏らしいことができたかなって思います(笑)。呼んでいただけるのであれば、今後もグラビアをやらせていただければなって思います。

――他に挑戦したいことがあれば教えてください。

ファッション雑誌のモデルさんにも興味があって、あんなお仕事もやってみたいなと思います。お洋服は大好きだし、雑誌ならではのメークとかあるじゃないですか。まだ経験がないので、今後やってみたいなという気持ちがあります。

――それでは、最後に読者へメッセージをお願いします。

夏といえばホラーということで、それに私も出演させていただいているんですけど、本当に怖すぎて、身を削るほど頑張ったので…心ですかね?(笑) でも、本当にあのロケに行った後、体調的にも精神的にもおかしかったんですよ。本当に取り憑いちゃったのかな?って思ったくらい何日かひきずりました。

本当に頑張りましたし、他のメンバーのお話や対談なども面白いので、これを見て暑い夏を涼しくしていただいて、今後オンラインお話し会とかもあるので、その時の話のネタにしていただけたらなって思います。

これからも怖いものが克服できることは一生ないと思いますが(笑)、それでも怖い話とかお仕事があれば、今後も頑張りたいと思います!