AKB48メンバー8人が出演する映画「未成仏百物語〜AKB48 異界への灯火寺〜」が9月10日(金)より全国で公開。「WEBザテレビジョン」ではAKB48の出演メンバー全員に話を聞いていくが、その5人目としてチーム8熊本県代表・倉野尾成美(チームK兼任)にインタビューする。

本作には大盛真歩、小栗有以、行天優莉奈、倉野尾、込山榛香、坂口渚沙、鈴木優香、武藤十夢が出演。ちまたに溢れる不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などを紹介し、最後に成仏させるという怪談エンターテインメント作品となっている。

ドラマパートに出演したメンバーの他、心霊スポットや事故物件を訪れたメンバーらが静岡・函南町にある渓月山 長光寺に集合。それぞれのエピソードを語り合い、その後供養するドキュメントを送る。

倉野尾は、山岳の別荘を訪れた幼なじみ5人の物語「宇宙人」で主演。一人だけ浮かない表情をした幼なじみに何があったのか問い掛ける涼子を演じる。

そんな倉野尾に撮影を振り返ってもらった他、個人的な恐怖体験についても聞いた。

■倉野尾成美は“涼子タイプ”

──ホラー作品は好きですか? 得意ですか?

嫌いで苦手です(笑)。今回のお話を頂いたときは正直戸惑いました。映画を見るのは好きですけど、ホラーは見ないですね。でも、お仕事だし、ホラー映画を見ないとリアクションの取り方とか分からないので、ちょっとだけ見ました。って言っても「世にも奇妙な物語」(フジテレビ系)くらいのそんなに怖くない作品ですけどね。

──物語自体は幼なじみ同士の旅行という楽しげな雰囲気で始まります。

でも、その中に明らかにおかしい子が一人いるなっていう。その役を演じる國森桜さんと撮影前に会ったときに、「あ、この子があの役なんだな」ってすぐに分かりました。そのくらい、役に入っていましたね。

私は人見知りを発揮しちゃって、撮影の合間は他の人たちとあまりおしゃべりできなかったんですけど、國森さんが一番明るかったなって思います(笑)。

──涼子という役柄の印象はどうでしたか?

周りを気に掛けている子という感じですね。この子、調子悪いのかなとか空気を読んで行動する子だなと思いました。

──倉野尾さん自身は団体行動するとしたら、どんなタイプですか?

えー、何だろ。不思議ちゃんではないし、感情的になるタイプでもないし、そう考えると涼子に近いかも知れないです。

そもそも5人組で行動はしないですね。2対3に分かれちゃったら気まずいじゃないですか。3人とか4人も悩ましいし、二人行動することが多いです。5人で行動することになったら、どうやったらみんなでうまく会話できるかなって考えちゃう涼子タイプですね。

■寺での撮影は「気持ちがゾワゾワ」

──他のドラマパートも、明確な結末が描かれていない作品ばかりですね。

そうですね。まさに未成仏っていう感じがします。自分の作品は台本から読んでいて、話の流れも分かっていたので普通に見られましたけど、他の作品は手で顔を隠して、指の隙間から見ていた感じです(笑)。

私が出演した作品は「宇宙人」っていうタイトルなので、SFっぽい話なのかなと思いましたけど、そういうわけではなく…。結末の解釈は監督から教えていただきましたけど、それはここでは言わないでおきます(笑)。

──お寺での座談会や供養シーンはいかがでしたか?

夜遅かったので、寒かったです。夜中のお寺っていうだけで気持ちがゾワゾワしました。でも、空気が澄んでいて、成仏されてそうだなっていう気持ちにもなりました。普通のマンションの一室とかの撮影だったら、あんな感じにならなかったでしょうね。

──ちなみに、倉野尾さん自身の恐怖体験はありますか?

全く霊感がないんですよ。(不思議な体験だと)たまに予知夢を見るっていうくらいで。それもお弁当を選んでいる夢というかわいい内容なので、予知夢と言っていいレベルなのかも分からないです。

人から聞いた話だと、友だちが危ない目に遭いそうになっている夢を見て、家にいた方がいいよって注意して危険を回避してあげられたっていう話はありますけど…。私の場合は、夢に出てきたお弁当が本当に出てきた、くらいの極薄エピソード(笑)。平和に生きています。

──女優としての今後の目標をお聞きしますが、次もホラーだったらどうしますか?

えー!? できれば、次はホラーじゃない方が…(笑)。怖がらせる方の役だったら面白いかもしれないです。静のお芝居っていう感じで、難しいかもしれないですけど。映画を見ること自体は好きなので、コメディーも感動する作品も何でもやってみたいなとは思っています。

◆取材・文=青木孝司